わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 記事にならないよりは記事になったほうが・・・

<<   作成日時 : 2012/07/06 00:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

西岡選手のロス行き、海外で報道されるとは思えなかったが、此処に来て一気に吹き出したようだ
http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?from=&to=ja&a=http%3A%2F%2Fwww.boxingscene.com%2Fdonaire-eyes-nishioka-i-believe-he-best-122--54665
名誉王者の立場が未だに良く分からない、ベルトが授与されたけど、マルチネス同様のダイヤモンドベルトなのかな?
問題はそのコメント欄だ、海外で西岡の名がどの程度の認識度があるのか無いのか?
意外な程に好意的、少々驚いてる、そして一致する見解として、このクラスのベスト3はドネア、西岡、そしてリコンドー
何よりもリコンドーの評価が高い、なるほどなるほどの意見だ、さながらリコンドーと対戦するべき準決勝の手合いだろうか?
さてスライマンが後押しするらしいが、マレスにタイトルを持たせたいが為に「其処退いて」と言ってしまった手前、今更知らぬ存ぜぬが出来なくなったのだろう
http://www.notifight.com/artman2/publish/Reporte_7/Nishioka_vs_Donaire_por_Cintur_n_Diamante.php
苦肉の策としてマレスとの対戦が候補に挙がってる、シッカリ商売してますね、マセブラとの統一戦、何とか無傷で終わらせなくてはならないドネアと言う事ですが、その肝心要のマセブラの画が見付かりました

もっとそのリーチを目一杯利用する選手と思ってましたが、少々ガッカリな気分でも有ります、長身選手特有のバランスの悪さも見られる、パンチの重さも感じない、あの内山選手が倒したグラナドスに似てますね、グラナドスよりは左が出ますけど、怖さは感じないタイプ、被せてくる右は要注意かな、その身長差ゆえに無理な踏み込みすると変にタイミングが合ってしまうかも、勝手な妄想だけど、無傷で終わらせる事が出来そうに見えてしまう・・・
逆にこのマセブラに負けるようなことでも有れば、一気に商品価値が下がりそうですね
何よりも安心したのは、海外での西岡評価、悪くないですね〜このコメント欄、是非とも読んで下さい
余談ですけど、あしたのジョーUを連日見てます、4話一気と言うのも有り難い、今の放送ではカーロスとのエピソード
良いですね〜
カーロスの語る言葉「最高のおもてなし」そんな言葉をドネアの口から聞きたいですね
でも現実味が有るのは西岡VSマレス戦でしょうけど・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ドネアは確かにナイフのようにぎらついてますが、
まー、西岡はベネズエラの下町で嗅いだ火薬のような匂いはしないでしょうね(笑)
弓宇
2012/07/06 01:12
見てますね〜お互いに・・・
全く同感ですね、海外での西岡評価、高すぎに感じませんか?
わがまま親父
2012/07/06 01:27
名誉チャンピオンって何の意味があるんでしょうかね? 何気にドネアが負けそうな気が…西岡選手は両者とも対戦が実現しない気がしています。興味深いカードほど、期待を裏切りそうで不安です。
トマト
2012/07/06 08:21
コメントで西岡を高く評価してる外国人マニアいるけど、、、この記事(http://urx.nu/1t8c)はリゴンド、マレス、ドネア、バスケスジュニア、リコ・ラモス、コルドバに続いて7位の選手と評してます、、、。
別記事(http://urx.nu/1t8e)には、西岡はリゴンド、マレスと比べて小さい脅威と言われてる、、、、評価が低い理由として全盛期をとうに過ぎたラファエル・マルケスにどうにか勝った選手、、、、だそうです、、。
大納言
2012/07/06 09:34
ドネアが追い回す展開、今まで見たことが無い、ジリジリ距離を詰める姿もない様な、変な飛び込みしてしまうと、あの被せる右が合ってしまう予感です
計量風景見たけど、未だ体は出来てない様に見えてしまいますね
わがまま親父
2012/07/07 13:36
その評価こそが正当と思いますね、マルケスにしてもバスケスと連戦してる頃に絡めば話は別ですけど
その時期ではとてもとてもの感覚でしたから、この両者が去ってしまった後での後釜が西岡選手ですからね
でも良くも再浮上したモンです、その忍耐には頭が下がりますが、当然の評価ですね
わがまま親父
2012/07/07 13:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
記事にならないよりは記事になったほうが・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる