わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS こんな姿は御免だ・・・

<<   作成日時 : 2012/06/04 12:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

フレイタスの勝利、その熟年パワーは嬉しいような悲しいような、実に複雑なる気分である、しかし常識的に考えれば、5年のブランクのある選手が現役に勝ってしまうのは変!
相手が噛ませレベルならば別だが、れっきとした無敗のホープ、ましてやミドル級へ大増量をしてるフレイタスにだ・・・
何やら嘆かわしい気分でも有るのだが、そんな中で見付けた画、本来の姿だな

ややラッキー気味でのタイトル獲得だけど、その後は強打のチャンプとして長らく王座に居座る、タイトル陥落後にも来日してる、当時の東洋チャンプの田中選手と対戦、ペースを取られながらもワンパンチで逆転
軽量級でワンパンチで仕留めてしまうのは流石だ
とっくに引退した選手だったが、お家の懐事情の為の再起、その名を貸しただけの試合
プライド、プライド等と語るけど、お家の懐事情が絡めばこんなモンだろう、体重を落とすので手一杯、練習なんかはしてる暇も無い、突然なるオファーに好マネーと来れば、止むに止まれぬ再起となるのも仕方無い、巧い具合に利用されてしまったな・・・
試合後に語ったサマンの言葉を今風にするならば
「私は生活保護を受けてないのですよ・・・」と言うことに成るのだろうな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ブラジルのホープオリベイラ(イケメソ)、次世代のブラジルスター候補として密かに期待していました。
作られた戦績ではあるけど海外でそれなりの相手に勝っている。
はっきり言って今回フレイタスは完全に噛ませ犬としてカンバックさせられた、ありえない増量ものまされて、ところがそんな裏の台本をぶち破ってしまったフレイタス、しかしフレイタスの晩年を思い起こすと今さら期待できない現実も。
オリベイラがショボかったということでしょうか、あそこまでボコボコにされると立ち直るのも難しそう。

ブラジルは総合格闘技はいいけど強いボクサーは育ちませんね。
ひゅうか
2012/06/04 20:26
う〜ん、エデル・ジョフレの居た国なのですが、その土壌は悪くない筈ですけど、あのオリベイラも輪島戦後は其れほどの活躍してませんね、この情け無い画を見てしまうと当分は無理かな・・・
わがまま親父
2012/06/04 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんな姿は御免だ・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる