わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘトヘトです・・・

<<   作成日時 : 2012/06/30 01:45   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

別に大した作業量ではないのに何故か疲れた、誰しも見てる画で癒そうとするのだが、この画は切なすぎてしまう
そして見入ってしまう

後日談で聞いてしまった、会長との確執、異様なまでの踏ん張りは実は確執が生んだとも言えるかも、何とも生臭い気分にさせてくれる
人間で有るべきボクサーの矛盾かな・・・
しかし良くもオリバレスを招聘出来たと思う、メキシコのスターだったと言うのに、今の時代では考えられない事なのだろう、この時代ならば今のスターであるドネア招聘も夢ではないと感じるな
久し振りに西岡選手のプログが再開した、早速見ると、ステーキを食べたとの事・・・
ドネアと言う上等のステーキは果たして実現するのだろうか?
意味深過ぎてしまい言葉に詰まってしまうな・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
オリバレスKO負け寸前ですよね、日本人にここまで追い込まれた試合は、ないと思います。オリバレスもKOの山築き怪物扱いされていたこと思うとこの試合こうなるとはまったくの予想外だったんでしょうか、とにかく名勝負、激闘だったんですね、画像ありがとうございます。
アイスこーひー
2012/06/30 06:03
アナウンサーは故杉浦さんでしたね。史上最も感激した試合でした。金沢は青山の龍岩寺の住職を長くやっていたが、今は辞めてます。どこで何をやっているのでしょうか?全盛期の彼のジャブはモーションがなく、相手にとっては見えにくかったでしょうね。このグローブのメキシコタイプの6オンスが80年代の前半に使用されて、6回戦ボクサーでも使ってましたが、ナックルパートの薄いこと薄いこと。その後、なくなり、現在の普通の8オンスですが。このメキシコタイプの6オンスでやっていればもっと早くどちらかが倒れていたと思う・。
団塊世代
2012/06/30 10:57
もう2度と見られないでしょう、こんな命を張ったような試合、グローブも影響してるでしょう、更にはジムの人間関係、色々なる複雑な絡みで仕上がってしまった熱戦ではないでしょうか
わがまま親父
2012/07/01 13:13
ナックル部分がウィニングで手首を固定する部分がセイヤーと言う特殊なグローブが有った気がします
序盤の金沢の動きは良かった、そのままで済ませないのがオリバレスの底力、たらればを語るとキリが無い
このままが最もかもね、この試合に関しては・・・
わがまま親父
2012/07/01 13:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヘトヘトです・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる