わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 未だ体調はイマイチですが

<<   作成日時 : 2009/11/23 23:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

早速アップされてました、バッテングで一気に戦意喪失、本来ならば再戦必至でしょうが、ソーサは元々転級希望でしたよね、クラスを上げると思うのですが、どうなるでしょうか?

バッテングで思い出しましたが、六車選手の初防衛戦も酷かった、この画像よりも、対戦相手の朴選手の頭が突き上がるように六車選手の顎の当たりにヒット、すっ飛ぶようにダウンする六車、これほどのダメージが試合に影響しないわけも無く、その後ズルズル失速する六車、あのバッテング、減点するだけでは生温いと感じました、元々思うことですが、頭に関してはモット厳しくしても良い、選手に暫らくの休憩を与え、更には故意と感じる場合、其れを見抜くのは難しいですが、ジャッジとの協議でもいいから厳重にしないと、今では2点の減点も当たり前にはなりましたが、六車選手の頃には無かった、あの試合好カードだったのですが、あんな結果に成ってしまい、不憫に感じましたね

さて本日も体調はイマイチで、何処へも出かけることも出来ず、この三日間整体にも行けませんでした、やっと風呂に入れました、仕方ないですので、ただボケッとテレビばかり見てました
丁度、特撮モノのテレビ番組、ウルトラマン・マックス一挙放送が有りました結構特撮モノは好みですので、朝から見てましたが、今の特撮モノは脚本がシッカリしてます、意外に見応えがあり変に満足してしまいました、異星人を侵略者と唱える人類、しかし友好的なる異星人も存在はする、然しながらも、その見極めは甚だ難しい、いい年こいても考えさせられる内容でした、たまにはこんな日も必要かもしれない・・・

私が小学生時代に見た、ウルトラセブン「ノンマルトの使者」この番組を見終わった後、何故かクラ〜ク成ってしまいましたね




サタうま!with新喜劇 Vol.1 [DVD]
ビデオメーカー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
くれぐれもお体にはご注意を!
偶然ですが私も昨日Itunsに保存した「ノンマルトの使者」を見ました。子供の亡霊?がダンとアンヌへ宣戦布告、その意味が非常に重い、という話ですよね。私世代的には「ウルトラマンA」辺りがリアルタイムだと思いますが、「セブン」も再放送でよく見ました。
「セブン」のダークな雰囲気&メッセージは特殊ですよね。「超兵器R1号」、これもノンマルトの使者同様、重いです。
ポインター
2009/11/24 08:05
動画有難うございます!

ロデル・マヨール選手もエドガル・ソーサ選手も巧い選手ですね!!
この攻防はすばらしいです!!!
この距離、踏み込むタイミングが2人ともドンピシャッでしたね・・・バッティングになっても当然なのかもしれません!!!
いや〜それにしても2人とも巧いです!!!!!

六車選手は、確かバンタムに落としての世界でしたし、減量苦もあり朴選手との死闘は可哀想すぎます!!!!!
(当時、関西に居た私は、エンドレスファイターって呼ばれていた、六車選手が好きでした)

私は、マンもセブンも帰ってきたマンもリアルタイムでした!!!
もちろん、ポインター様がリアルタイムで見られた、『セイジさ〜ん…ゆーこ〜』?も見てました!!!
ウルトラシリーズでは、ダントツでウルトラセブンが一番好きです!!!
小さくなれるところもカプセル怪獣が居たのもダンじたいも好きでした!!!!!

これから、より寒くなります!!!
皆様、個々に注意しましょう!!!!!

では!!!
Nのオヤジ
2009/11/24 15:21
発見した感じです。私は昭和仮面ライダーが好きでストロンガーまでDVD全て購入しました。やはりオールドなボクシングファンは少年の心をいつまでも持ってますね。昨日は地元でガソに挑戦した柴田さんがおやじファイトにでてました。然し観てきませんでしたが。
親父さんの意外な一面を
2009/11/24 15:24
ハイ!充分気を付けたいと思います、年を考えなくてはね〜
本当に心配を賭けてしまい、更には多大なるコメント、感謝します、家族には全然心配されないだけに、実に嬉しい気分です、さてさて超兵器R1号、私も見ました、未だに思い出す名台詞「地球を守る為なら何をしてもいいのですか?其れこそ血反吐を吐きながら続ける悲しいマラソンです」
未だに心に重くのしかかるのです、何時かは知らなくてはならないこと、考えなくてはならないこと、幼少時代の特撮モノで見られたことを未だに感謝してるのです
わがまま親父
2009/11/24 22:54
両者とも実にスキルが高い、此れなら軽量級でも人気が有るのが理解できます、間を置かないですから凄いですよ、この両者ならば再戦でも面白い展開になるでしょうね、今の日本のライトフライでは相手が居ないですね、井岡選手の成長待ちでしょうか?
最近では新たなるウルトラセブンが放送されてますけど、事斬新さに関しては初代の方でしょう、差別、侵略、本来ならば子供には見せない代物です、其れを特撮と言う形で表現する、当時の演出家の気概を感じますね、良くも映像化したものですよ
わがまま親父
2009/11/24 23:01
柴田賢治さん、懐かしいです、新人王決勝で優勝した試合を生観戦してます、確か2戦目でしたが、好センスの選手でした、それ程実績も無いのに世界挑戦させたのは斉田会長の先行投資の意味合いも有ったと思うのです、しかしその期待を見事なまでに裏切り、たったの2ポイント差に泣きましたが、私には遠い、遠い2ポイントに見えました、結局ライバルである韓国の林を越えることなく現役を退いてます、あの好センス、何故に花開かなかったのか?不思議です・・・
しかし意外でしょうか?皆好きなくせに語れないだけではないですかね、結構我々世代の同級生が集まりますと、事あるごとに怪獣の話は出ますよ
わがまま親父
2009/11/24 23:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
未だ体調はイマイチですが わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる