わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 祝!西岡選手が月間MVP

<<   作成日時 : 2009/06/11 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

嬉しいですね、本部のある地でのパフォーマンス抜群での勝利、確か1月のガルシア戦でも受賞はしてますが、アレに関しては日本は暫らく受賞して無い、それ故成る温情的なる措置
今回は全く問題ない価値充分の納得受賞、敵地での指名戦勝利は正に見事!
私自身待ち望んでましたが、此れほどまで痛快とは、何しろ逆のパターンしか知らないわけですから尚更、ちょっと名のある相手が来ますと抵抗こそすれ結局は完敗、何度悔しい思いをしたでしょうか?初の海外防衛と記される試合も有りはしました、それとて東洋ランカーを無理やりランクインさせ準備万端ながらも、自国選手に対する狂気的なる応援に押されてしまったのか?、本来一気に仕留めねば成らない相手の善戦を許す、逆の意味でひ弱なる日本選手を改めて確認させられてしまった、其れこそ日本選手が敵地で指名戦を勝利を得るのは夢の夢なのか?とも思ったくらいです、其れがこんな形で実現するとは・・・
正直負けると踏んでましたので、チャンピオンの西岡選手には誠に失礼ですが、それ故、実に良い試合を見せて貰った、感謝の気持ちすら高い
さてさて今後の西岡選手の動向が気に成ります、どの方向性でしょうか?ランク下位の相手と指名戦まで防衛ロードを歩むのでしょうか?それとも強気路線でしょうか?実に気に成ります、具志堅時代ならば軽い相手と戦いながら指名戦を待っても良かったかもしれません、果たして今の時代で其れをファンが臨むでしょうか?かなり疑問に感じますよ
先日の日本タイトル戦で快勝しました木村選手が挑戦を表明したようですが、確かに話題性は有る、此処数戦での木村選手の充実振りは凄い、認めはするのですが、何か割り切れない感覚も強いのです、所詮日本タイトルでの充実振り、其れの何処が挑戦資格と言うのでしょうか?彼は以前落ち目の世界ランカーに勝利してますが、元々スタミナに問題があり、序盤にダウンを奪っても後半は目だって失速する、先日の金沢戦でも手数は少なかった
話題性だけの世界戦は正直御免です、畑山VS坂本の特例も有りはしますが、それなりの場を踏んでもらいたい、日本に良い意味の相手が居るではないですか、ローリー松下は最適なる相手です、ランクも上位、それに木村選手にとって最も嫌なスタミナ旺盛なるタイプ
私は世界戦までには越えなくてはならないハードルはあると思うのです、最近での選手はそんな大事な事をせず、世界戦だけの冠だけを追いかける、だからこそドラマ性も無い・・・
世界戦は懸賞に当たるものではなく、その懸賞にたどり着くまでが問題なのです
大事なる事を忘れれば必然的に面白くないのは当たり前です
木村選手が松下選手と戦えば、そのスタミナ面も見ることが出来る、こんな懸垂的なるカードが決定してくれたなら、誰しも勝者を世界戦の挑戦者として認めるのですが・・・
勿論実現しないとは思いますけどね、現実的には松下は木村選手には危険過ぎる相手です



男唄~昭和讃歩
ZAIN RECORDS(J)(M)
近藤房之助 木村充揮

ユーザレビュー:
この種のアルバムでは ...
かゆいところに今一歩 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今、G+の再放送見ましたが、松田選手は何も語ってませんね、誤報道に踊らされてしまったのでしょうか?残念です
わがまま親父
2009/06/11 23:55
MVPは文句なしでしょう。 国内で評価されず、というか話題にもならず海外で評価というものまあいいモンかもしれませんね。 『俺はチャンピオンだから誰とでも闘う』 このインタビューにはしびれました。オーバーウエイトのノンタイトルでいいから世界の強豪とどんどんやって「パッキャオ2世」を目指す路線を歩いて欲しいですね。個人的には。
るびい
2009/06/12 05:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
祝!西岡選手が月間MVP わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる