何と相手はワンディ・・・と言っても相変わらず階級下ですか

http://www.daily.co.jp/ring/kameda/2009/01/28/0001675380.shtml
元世界チャンピオンと言ってもワンディは暫定です、そして二階級制覇してますが、どの王座も暫定、更にはミニマムもライトフライも以前は無かった階級、現在はフライ級の選手です
果たしてこの試合の契約ウェートがどれ位に成るのでしょうか?ここら辺もこの試合に関しては重要なポイントですね、確かにキャリアからしても内藤選手以来の強敵相手と言う事に成ります
去年バッキヤオがデラを滅多打ちし、階級に関する疑問を一時的には吹き払ってはくれましたが、やはり過去の歴史は語ってます、本調子ではなかったデラが完敗した所で、その事実は変わりはしない
ジュニア階級の王者が正規階級のチャンピオンに勇躍挑み、何度跳ね返されたでしょうか?
日本選手の場合は、そんな例が無いだけに例を出して語れないのは実に残念ですが

そしてワンディがタイの選手と言うのも少々気掛かりです・・・
あのウェートオーバーで剥奪された嘉陽戦では、確かフライを上回る体重だったと記憶してますが、あの試合パワー差歴然でした、パンチに対する反発力も違いました、前日、これ以上は落ちないと言ってへたり込んだ選手とは思えないくらいに・・・
同じ体重の範囲内で戦う事の重要さ、更には公平さを感じました、肉体に其れだけ負担を掛けてないのですから当然ですが、名演技とも言えます、それで自分の商品価値を下げなかった訳ですから
それだけの強かさを持った選手が、そうは易々と次男の攻撃に晒されるとは思えませんが
ですが去年見た升田戦、ちょっと元気が無かったです、ボクサーは最盛期から一気にロートル化しますので、其れを見込んだマッチメークとも取れますね
本来の動きがあるならば階級差が有ったとしましてもワンディ圧勝予想ですが
契約ウェートがバンダムに近いレベルだと嘉陽戦の再現になるやも知れません

しかしワンディ招聘の経費も馬鹿にならないでしょう、何処から出るのか不思議です、日本ランカークラスと対戦した方が安く済むのではないでしょうか、更には話題も増す、と思うのですが、協会から特例を認められてるのですから、その位してくれてもいいのにね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック