わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 今でも来日してほしい選手だけど・・・

<<   作成日時 : 2014/06/28 01:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

こんな画を見てしまうと堪らない気分に成ってしまうな、ロマゴンVS八重樫戦は決まったけど、要は大手との契約選手というのが元、久しく見ない南米の強打者、早くから注目され暫定チャンプへ・・・

一時期は亀田次男との対戦を噂されたが噂のままで終わってしまった、ぬか喜びさせるなの気にも成ってしまうよ
でも思う事として日本は何人もの軽量級のチャンプを存在させながらも肝心かなめの選手を来日させないという事実、相手が指名挑戦者と成ったとしても回避の方向へ走る
ボクシングが面白くないとされるのは当然と思う、視聴率とやらは知りはしないけど、跳ね返らないのは必然とも思えるね
前の話だけど、黄金伝説での原田さんとジョフレの試合、自分はリアルタイムで見てない、フルラウンド見るのも初めてだった、驚くほど興奮、かなりの長文をプログに書き込んでしまった
すると或るコメンターが原田のボクシングは単調で詰まらん・・・
こんな風に書き込まれていた、何処が単調なのか?全く意味が分からなかった、確かにボクシング競技はシンプルなる競技であるのだけれど、だからこそ人間としてでの我慢を見られるのだが・・・
この画に有るようにコンセプションのイケイケ、その反面に有る脆さ、実に魅力のある選手だよ
矛盾した文章かもしれないが、自分等世代のチャンピオン連中、イケイケタイプは少なかった気がするね
総合力で勝り負けてくれない、そんなタイプが多かったな、コンセプションタイプはチャンプに成ったとしても短命、見た目の派手さだけがボクシングではないという競技の深見、意外なほど昨今では見せてくれない
確かにこれほどまでに回避方向では仕方ないのだろう

コンセプションも既に28歳、かなり打ちこまれた年齢だけに噛ませとしてでの来日ならば有るかもしれないね
こんな風に思ってしまうのは、やはり八重樫VSロマゴン戦にこれ以上になく期待してしまってるのだろうね・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ルイコン、セグラ、マルケス、ビロリアあたりもまだまだ日本人フライ級には強敵ではないですかね・・・
日本に来てほしいですね。S・フライの選手も含めて、誰かやれやと。
エストラーダを見ると彼らも霞んできますが。
KOKO
2014/06/28 11:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
今でも来日してほしい選手だけど・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる