わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 今の時代・・・

<<   作成日時 : 2014/05/24 01:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ボクシングという競技で視聴率とやらを稼ぐのは改めて大変と思う、村田選手の試合もあれ程大々的に宣伝
対戦相手も2戦目までは問題なかったと思う、次第にゴールデンから離れ、それでも同じ程度を維持してると感じたらいいのか?
それとも撤退の始まりの予感なのか?
ただスポンサーが多く付いてるだけに少なくとも年内は安心かもしれない、個人的に思う事だけど、この3戦目と4戦目の相手、少々インパクトに欠ける、世界でも層の厚いクラスだ、ジックリキャリアを作らねばならないのは当然としても、本場並のキャリア作りさせたら、元々せっかちな性格の日本人では付いて行けない気分もしてしまうな・・・

フジテレビ系のゴールデン生放送で思い出すのは、バズソー山辺、元少年院上がり、当時流行のアニメである矢吹丈を地で行く、その好戦的なるスタイルも興味を一般受けするモノだった
ハワイでデビュー、日本に凱旋するや当時中堅の日本ランカー村上選手を左の一撃で失神
上手い具合にその試合を生観戦してる、実に衝撃な凱旋試合だった、そして決まったのが日本チャンプの高山将孝との一戦、既にゴールデンは世界戦が決まり文句だったころの事
試合は白熱の好ファイト、序盤からグイグイ攻め込む山辺、防御するだけの高山、新たなるスター候補としては上々の立ち上がり、然しながら後半にスタミナ切れ、9回には右を再三決め山辺グロッキー、最終回はダウン寸前、立ってるのがやっとこ・・・
結果こそテレビ局の思惑通りながらも、ベテランに後半追い込まれての勝ち方が悪かったのか?
この両者は再戦してるが、放送自体はゴールデンから遠く離れた深夜帯に逆戻り、でも思うんだけど、この再戦こそゴールデンで流してほしかった、鬼気迫る高山選手のロープ際でのストレートのラッシュ、山辺は腰をロープに腰かけた格好で身動きが取れない、ロープに貼り付け・・・
「あしたのジョー」の金竜飛が放つ舞舞という技を具現化するのならば、こんなテクニックかも知れないと無駄に考えてしまいましたね、我ながら馬鹿書いてますけど

果たしてフジ系さん、どの程度まで我慢してくれるのでしょうかね、そして何よりも感じてしまう事、あの一家が叩き出した40%という視聴率とやらの数字、納得できない気分ですね・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん難しいですね・・・今の対戦相手だと深夜まで行かなくてもゴールデンではややきつい だけど軽量級と段違いの欧米、アフリカ辺りの選手層 キャリアを付けないととてもとてもの状況です。個人的には最低15戦、しかも世界ランカー、メジャーな地域チャンピオン、元チャンピオンクラスとテストマッチが必要でしょう。村田が狙う相手の事を考慮してスポンサーと局が我慢すべきです。日本人はフライ級〜バンタム級辺りの世界と勘違いしているかも?
ボクマニ
2014/05/24 11:32
激しく同意、年内での世界ランカー戦は辞めておいたほうが良い、日本選手との対戦でも良いかもね
でも相手が居ませんね・・・
わがまま親父
2014/05/25 12:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
今の時代・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる