わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 良い試合だった

<<   作成日時 : 2014/03/26 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

しかしデンカオの脆さもめだった内容
歴戦の猛者、イコール打たれてしまったツケかもしれないな
あの序盤の力強いパンチからでは想像出来ない
そして思うこと
あの次男とのしあい
凄く割りきれないモノを感じてしまう
果たして同じ選手だったのか!?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
祝!新チャンプ誕生👊
久々にワンパンチフィニッシュのいい試合でした。
おっしゃる様にデンカオセンは歴戦の疲労の蓄積で打たれもろくなっていたんでしょうか?
亀田長男が画面に映った時には思わず閉口しました。
そして渡辺会長が長男との対戦に前向きな姿勢を見せているのにも強い違和感を感じました。
ジュピター2号
2014/03/27 10:21
テレビ東京は亀を無視すれば良かったのにと思いましたが。彼にサインをもらいに行く観客がいたのにはびっくりしました。渡辺さんも、1980年頃に五反田に風先ゆうと、一人を連れて、他のジム周りしていた頃の精神を失わないで欲しい。うがった見方をすると、河野にマカオでやりたいと、勝ったときには言うようにあらかじめ言い含めておいたのではないかとさえ思ってしまいます。ただ、試合としては亀兄の臆病な試合よりは遥かに良かったです。ボクシングは打ち合わなくては・・・。
オールドタイマー
2014/03/27 14:05
袴田巌は日本ボクシング全盛期の日本フェザー級6位です。今ならタイトルに何度か挑戦し、うまくすれば一度くらい勝てたかも分かりません。私の記憶では中堅選手でしたが、何しろ当時はジュニアのない階級で、フェザー級の王者はタフの権化高山一夫、東洋チャンプは関光徳でしたからね、こんな状況下で地方選手が日本新記録の年間16試合もこなした年が有ったのですから、根っから体がお丈夫なのでしょう。是非、リハビリを兼ねて後楽園にいらして欲しい。
オールドタイマー
2014/03/28 22:19
またまたスレ違いで申し訳ないですが、4月から世界戦が目白押しです。ゴールデンで見れるのは嬉しいですが、余りにも多いですね。最近私はゴールデンの試合でも、録画します。見るときは今度は1倍モードの早回し(勿論、休憩のラウンドはすっとばしです)。ダウンがあったり、打ち合いの場面では通常モードに戻してみます。邪道ですが、今の私の流儀です。
オールドタイマー
2014/03/29 10:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
良い試合だった わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる