わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS スティーブン・スミスの時代・・・

<<   作成日時 : 2014/02/27 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

未だに道端には雪が残ってる、その自然の猛威の凄さを物語るかのようだ、あの雪には完全に遣られてしまった、風呂に入りたいのだが、正直怖い気分、なかなか入れないで居たら、そろそろ身体が臭くなってきた、危ない匂いがプンプンだ、寄る年波には勝てずだろうか、熱は上がりそうで下がりもしない、やっと昨日は入ることが出来た、それも昼頃の最も気温が上がる時期に入った、全く最悪だね・・・
そんな最悪な中、村田選手の4戦目が行われた、布団を被り、ぶるぶる震えながらの録画観戦
初回から左のボディを臆目も無く決める、一時期40歳と噂されたナシメント、少々ゲンナリの気分でも有ったが、あれほど強烈なるボディ、効かない訳が無い、それでも表情に出さないナシメント、さすがに並みの噛ませとは違う印象を持った、しかし前の試合よりは好調に見える村田選手、特に上体の振りには前の試合には無かったもの、右のショート、ロングを織り交ぜる、寄り近い距離での攻防を目指してる感でも有るな
右のショート、更にはボディのフック、良い意味でバリエーションが増えてる、そして3回、右アッパーのショートからチャンスを掴みダウンを奪う、この大きなパンチを見せておいてのショート、実に効果的だ、ミドルと言うクラスで日本選手が頑張ってる、確かに村田選手だけとは言え、悪い気はしない
あのスティーブン・スミスの時代を見てるからだ、今では珍しい米軍からの参戦選手、古い所ではジョージ・カーター、長らく日本ミドル級のタイトルに君臨した、あの輪島さんとも対戦、結果的には1勝1敗ながらも、明らかにカーターの2連勝だと今でも思ってる、米軍兵の日本ミドルクラスへの猛威、マーク堀越選手に関してはクラスが違うとして除外するけど、やはりインパクトはミドル級ですよね、そして最も衝撃的だったのはスティーブン・スミス、彼しか居ない、あのカーロス・エリオットよりも上でしょうね
そのデビュー戦、堀口選手との試合、日本ランクにも入っていた選手、スミスは極東ミドル級チャンプ、そんなタイトル有ったのかな、少なくともプロモーターの箔付けと感じるけれど、その略歴、未だに分からない、アマで数戦したレベルの選手だと思うのだけれど、その堀口戦、実に衝撃的、初回から手打ちレベルにしか見えないワンツーでダウンを奪う、しなる体、左右の荒いフック、試合は1分30秒レベルで終わってしまったが、その鮮烈さだけが記憶に残った
そして2戦目、伝説的なる試合、藤一との試合に成る、後楽園ホールで更には東京12系レベルの生中継で、此れほどまでに盛り上がった試合が有っただろうかか?
世界戦レベルの盛り上がった試合だったと今でも思ってる、初回10秒程度で右を貰い大の字に成る藤、万事休す、何とか元ミドル級のランカーのプライドなのか、強引にクリンチ、さすがに手が出ないスミス、何とかもがくがもがくだけ、プロのリングで戦ってる選手はココラ辺は実に姑息、巧く初回終了まで持ち込んでしまう
そして始まる痛快なる逆転劇、2回には息切れを見せだすスミス、3回には完全なるスタミナ切れ、そして4回、リングサイドクラブイン全員総立ちのわっしょい、わっしょいのリングコール、終いにはスミスはロープに棒立ち、ロープダウンを取られてのストップ負け、世界タイトルを奪ったかのような実に稀な光景だった
村田選手が何処までいけるかは知りはしないが、ここまできたら変に期待したい気分だ・・・
あの試合も東京12系で生中継された試合だったけど、今回での村田選手の視聴率、悪かったようですね、何処までフジ系が我慢してくれるのだろうか?と言う気分にも成るね
少なくともスミス選手、それほどアマ歴も無い選手だったと思う、何しろ初回終わったら、殆どのパンチは素人レベルでしたから、しかし其れでも日本のミドルは席巻されてしまったのですよ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
私はスミス(フラッシャー石橋)が龍反町を一方的に打ちまくりながらも、反町の右一発で逆転KO負けした試合を社員旅行の旅先で見た試合が一番印象に残っている。反町はオーソドックスな良い選手だったがプライベートに問題がありましたね(タクシー運転手殴打事件とか、周りが慌てて公にしないようにしたが、今では時効でしょうか)。そういえば、大場政夫も電車で騒いでる数人をちょっと行ってくるとか言って全てのばしてしまった武勇伝がある。人数ではガッツ石松が弟を救うために7−8人を一人でKOしてしまったのが最高だ。恐るべしボクサーの威力です。村田の相手は雑誌では40歳となっていたが、なぜがテレビでは36歳と4歳も若くなっていた。あの程度の相手では参考にならない。フジテレビは同じシーンを何度も繰り返すという愚に出たが、私はすぐにチャンネルを切り替えた。もっと上手く立ち回らなければすぐにチャンネルを切り替えられる時代だということにフジは気がつかないのかな?思い出の名勝負で、関や柴田の試合を見せてもらったほうが優等生のコメントを聞くより遥かに有意義だと思う。
わがまま親父さん荒川郵便局では内勤のバイトはないのですか?当方満66歳です。「アイデム」には毎週配達人の募集だけは載っていますが・・・。
オールドタイマー
2014/02/27 14:10
>思い出の名勝負で、関や柴田の試合を見せてもらったほうが優等生のコメントを聞くより遥かに有意義だと思う。

フジの番組構成の算段も甘かったのかもしれませんが、それでも色褪せた昭和の昔話をただ流すよりは、まだ試合直後のホットな村田の生の声を取ったほうが、消去法とは言え事後策としては賢明だったと思います・・・

まあ、フジとしては下田の世界戦を尺合わせにもってくる腹づもりだったのが流れてしまって、誤算だったのでしょう。
Carpe Diem
2014/02/27 23:51
Carpe Diemさん、それもそうですね。今ではYoutubeでほとんどの試合が見れますから。ただ、繰り返しのKOシーンの連続シーンにはがっかりしただけで、まだ時間的に一試合位残っているのでひょっとして下田の試合(負けたとはいえ)を持ってきてくれるのではと期待してしまいました。
オールドタイマー
2014/02/28 11:19
私は村田は足の使い方が今一だと思うのです。少し上半身とのバラつきが目立ちます。サラストレーナーはどういう教え方をしているのか分かりませんが、ボクシングは足の動きが(フットワーク)がとても大事ですよね。アマの時よりは動けるようになったとはいえ、あのゴロフキンなどを相手にするにはもっと機敏なフットワークが要求されると思いますが・・・?
オールドタイマー
2014/02/28 22:40
何とも語れないにしても、井岡選手とオーレドンの試合後に具志堅さんのVTRを流しました、これほどまでに鬼気迫る選手とは思わなかった、凄い迫力、正に食いかかる狂犬の匂いでしたね
懐古趣味が悪いか良いかは知りはしない、でもそのスタンスは同じと思うのです、怖さと言う恐怖感を如何にエネルギーに変えてしまうか、そんな選手等を讃えたい気持ちに変わりは有りません
わがまま親父
2014/03/03 23:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
スティーブン・スミスの時代・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる