わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 酷い年繁だった・・・

<<   作成日時 : 2014/01/11 00:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

いくらかは昼飯が食えるようにはなったが、それでも休憩時間は少ない、そして小包部門に関しては未だに増員の見込みも無さそうだ、又もや夏、冬と酷い事に成るのだろう、この数年来、自分と同じ年代の方の中途退職が何とも増えた、厄介極まりない端末機に頭を悩ませての事だろう、自分のようにパソコン使ってる身でも厄介に感じて仕方無い、確かに事務所にこもりながらの作業ならば何でもないが、自分等は外で作業する、今の時期で最も嫌なのは、本日の様な寒さに参る日だ、指が凍え巧く動いてくれない、客の前で何度もやり直す羽目となる・・・我ながら見っとも無く感じてしまう
さてやっと休み、何とか年繁期を乗り切ったが、最後の最後になって又もやクレイム、自分には非が無いとしても何とも滅入る、コールセンターの支持が自分に伝わらなかっただけなのだが、それでも話が変に大きくなる
時間帯を守り配達、其れなのに「最も早く持って来い」と言う理不尽な客の声しか通らない、それも無料のサービスでしかないのに、今のネット世代を象徴してる様でも有るね、気持ちよく休ませてくださいよ・・・
さて滅入る話がもう一つ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00000008-wordleafs-fight
今更、どんな処分が出るのでしょうかね?
過去に何度も有った処分沙汰、既に免疫が出来てしまって屁でもないよと言いたげにも見える
自分が最も危惧する点として、新たなる新ルール変更への先駈けに成るのでは無いのか?
今後体重オーバーしでかした挑戦者は試合に勝ったとしてもチャンピオンと認定しない、今のプロレス団体は知らないけれど、公然と認められてたルール、反則負けはタイトル移動には成らない
こんなルールのお陰で栄えた気もするプロレス団体だけど、ボクシングと言う競技に、このルールは・・・
そして反対にチャンピオンがオーバーしてしまった場合、タイトルは協会預かり、所謂金に成る方を優先すると言う事なのかな
今更処分と言っても、IBF、WBOを認めてしまったのはJBCなんですけどね、こんな調子のJBC、本当に東西分裂の兆しかもね・・・


ハグラーもなかなか世界挑戦出来ない選手だった、初見が、この東京12系だったと思う、その風貌からもっと荒いボクシングをする選手と感じてたが、正しく本物の匂いを充満させてる
本物が嫌われるのは今も昔も同じだけど、下らんルール、タイトルの乱立により、本物が偽者かの区別が付かなくなってしまう、そんな事が最も怖い気分だ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
負けても防衛とはこれ如何にです。プロレス以下のボクシング団体に喝!これからはベルトの如何ではなくて、誰が誰と戦うかだけが重要な指標でしょう。世界戦の価値はほぼゼロ。朝日新聞も今日のスポーツにボクシングを載せなくなったが、村田は別。個人、個人に焦点が当たってきているからでしょう。繰り返すが、世界タイトルの価値はゼロ。誰と誰がやるかが重要で、それが世界タイトル戦という名前をとっているだけでしょう。

そうですか、郵便局でのバイトもむつかしそうですね。
オールドタイマー
2014/01/11 11:59
でも、郵便物の仕分けというバイトなら私でも出來るきがしますが、時間給は安いですね。それと年齢制限です。ボクシング同様に個人差があると思うのですが、65歳で切られてしまうのはガテンがいきません。
オールドタイマー
2014/01/11 18:03
本当の問題は亀田の試合が超面白くないこと。これがオリバレスー金沢戦のようだったら、タイトルの話は二の次。あの3兄弟(特に長男)の試合はお金を出して見に行く気になれないし、テレビも私は見ないで、サンデーモーニングで寺島さんのコメントを聞くだけです。ろくがすらするに値しない。何階級制覇しようが、負けてもタイトル保持しようが試合さえエキサイティングなものだったら、ファンもここまでバッシングをしない(もっとも、初歩的なミスで話にも何にもならないが)。
オールドタイマー
2014/01/12 11:29
年末・年始の激務お疲れ様でした。
オールドタイマーさんの仰る通り、タイトル承認団体を増やしたことで、日本でも、ボクシングの価値は「ベルト」よりも「本物 vs 本物による面白い試合」に移ったと割り切っています。これまでの亀田家に対しての「甘い」措置は、「(仕組みは分かりませんが)亀田家と組むと儲かる」という恩恵を受けている人が国内外にそれなりにいるのが背景だと思っていまして、「今回の措置がどうなろうと、『偽物相手に面白くない試合』をしている選手は、自然に淘汰されていくでしょうから、もうどうでもいいかな」という心境です。
delahoyazamora
2014/01/13 08:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
酷い年繁だった・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる