わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 今や2世の時代ですか〜

<<   作成日時 : 2013/07/02 23:47   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今年の最強後楽園、結構選手が揃ってる、行きたかったですけどね〜
やはり話題はこの選手でしょう

アマ上がりらしく堅実なボックス、ロープ際での攻防でも安定感が有ります、いよいよ決勝、日本タイトル挑戦を決めて欲しいね
現チャンプは金子選手、厳しいマッチメーキングです、来年のチャンピオンカーニバルの目玉になりえるかも
ただ不安としては、金子選手の世界を目指しての返上、それだけは勘弁して欲しい
やはりサバイバルを勝ち抜く日本タイトルで有って欲しい、4団体加盟でお声が掛かりやすいだけに、変な不安を持ってしまうのですよ、国内最強を決めてこそ世界と言う舞台に挑める、そんな構図が肝心と思う

親父さんであるカシアス内藤、小説「一瞬の夏」で有名だけど、選手としては有り余る才能がありながらも開花出来なかった選手と言う印象が強い
李選手との東洋タイトル戦、生観戦しましたが、ガッカリの内容でした、話題性だけはありましたから物凄い観客でした、試合が終わってもなかなか外に出られない
今は消防法が有りますから、アレほどまで詰め込まないとは思うのですが
話題性は無いよりは有った方が何倍も御得、果たして内藤選手、開花出来るでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そう考えると3世のデビュー戦について、あそこまで騒がせたピストン堀口の偉大さよボクシングの歴史の深さを思い知りますね。
河井
2013/07/03 09:15
内藤選手 慎重な立ち上がりから 終盤は確実に有効打当てていて勝利を手にしたように見えました。上位ランカーに勝利しタイトル戦への布石作りつつあります。最強後楽園、昔A級トーナメントで好カード目白押しだったのを思い出します。

2013/07/03 19:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
今や2世の時代ですか〜 わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる