わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 今の流行?

<<   作成日時 : 2013/06/16 01:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 3

今度はガルシアだ、又もや例の体重オーバー、体重を作る意思があったかも分かりはしない
http://www.notifight.com/artman2/publish/Reporte_7/Garc_a_excedido_L_pez_en_peso_en_Dallas.php
流行と言うよりは流行病にも感じてしまう、サリドを破り一気にスター街道に成ったらこの有様
それとも選手個人の、この体重では試合は出来ないよと言う意思表示でもあるのかな
周りのトレーナー連も赤っ恥、世界タイトルとして高い入場料取られる客は良い面の皮だ、対戦相手であるファンマも幾らやや下り坂とは言いながらも小馬鹿にされたモンですね、此処はファンマに頑張ってほしいのですけど
体重を作ると言うボクサーとしての最大なる難関を越えなくてもよかっただけに、やはり予想はガルシアになってしまうな、個人的には制裁して欲しいが・・・
4団体は勿論だけど、複数階級制覇が軽く成り下がってから、何とも多い事、数字だけ稼いで早いとこビッグマッチに鞍替え、企業能力の低い会社の営業製作みたいですよ
今やクラスに拘る気持ち、時代遅れなのか?
複数階級制覇と言うのはクラスの体重を作れば力半減と言うのも当たり前だけど、そのクラスに拘るチャンプ連を見てきた我々世代、偉く異質なモノを見る様でも有る
日本に来日するチャンプ達にも減量苦の選手は居た、スポーツ新聞の片隅ながらもチャンプの減量苦が伝えられると、日本の挑戦者にチャンス有りとほくそ笑んだ、テレビで見る減量苦のチャンプ、フラフラで半病人
ルペ・ピントールがハリケーン照の挑戦を受けた時だ、テレビで見る画面ながらもピントールの肌は乾いてるようにしか見えなかった、チャンスだ・・・しかし結果は皆も知っての通り
その試合結果を載せたボクシング雑誌を見れば、計量風景が載せられてる、スケスケの黒いビキニを着用したピントール、全裸よりは少しマシレベルの布切れ一枚を付けて秤に乗ってる、息子さんがはっきり透けてしまってる
今で語るならばシースルーでしょうかね、頬はこけてガリガリ、明らかに数日は何も飲めず、食べずの体だろう
他愛の無い写真なんだが、偉く感動を覚えてしまった
チャンピオンとしての物凄い尊厳を見た気がしたからだ、減量は誰しも辛い、だがチャンピオンとして当たり前の事をする、こんな選手には勝てはしないな、勝手に妄想してしまったよ

今じゃ統一戦というややこしい事は抜きで複数に走る、当然なように指名戦すらこなさない選手も多くなった事
選択肢が多ければ仕方ないのかもだが、あのデュラン、アルゲリヨが眩しすぎてしまうよ・・・
ロベルト・デュラン "石の拳" 一代記
白夜書房
クリスチャン・ジューディージェイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロベルト・デュラン


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 通販
今の流行? わがまま親父の日記帳/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 通販
2013/07/03 09:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ガルシアを初めてじっくりみましたが、パンチを当てるのがうまいですね。特に左がうまい。それに相手のタイミングを非常によく読みきっている。だからパンチももらわないし、カウンターもとれる。身体の動きを見ると一見不器用そうなんだけど、うまいわ!あっぱれ。ファンマは身体が流れていたし、下半身がついていってなかったですね。ファンマの方を応援していたんだけど。
カリメロ
2013/06/16 14:42
ま、所詮どちらが勝っても負けても余り威厳のない世界での事と覚めた味方の私です。サッカーのFIFAが本当に羨ましい(すべてを取り仕切っている)。少し前までは何の枕言葉もなしで、いきなり会話でF原田という名前が使えたが、最近は少し説明をしないと「聞いたことがある」という人が増えた。昔に戻れないのは承知ではありますが、益々世界という名前が安っぽくなってしまいました。矢尾板貞夫は東洋チャンピオン止まりでしたが、日本のフライ級ではNo.1と推する人が少なくありません。同じ伝で、フェザーの関光徳も今なら、何らかのタイトルを取れていたでしょうね。スーパーフェザーも粟生ー小坂照男はどちらが強いか疑問が残ります。5月19日のボクシングの日にこれらの時代により世界チャンプになれなかったが、並みの世界チャンプより沸かせた選手(坂本博之、高橋直人、コージ有沢、高山一夫、吉野弘幸 etc.)を呼ぶべきです。彼らが山口圭司、や星野恵太郎(両者ごめん)より人気がなかったと思う人はいないのでは・・・。単に世界チャンプの一括りというコンセプトでのボクシングの日にはオールドタイマーは違和感を感じます。
団塊世代の懐古趣味
2013/06/16 16:42
突然のコメント書き込み失礼いたします。
B-UP BOXING LOVERSと申します。
この度8月31日(土)B-UP @新宿FACE開催に向けB-UPのPRを兼ね選手募集を行っております。
真夏のボクシングを盛り上げる大会にと多くの選手の参加をお待ちしております。
@新宿FACE開催では、年令制限無くボクシング経験者であればどなたでも参加の出来るイベントとして行いますので、この機会に是非ご参加下さいます様よろしくお願い致します。
今回でvol.17となりますB-UP!今後もボクシング人気復興に向け、楽しいボクシングイベントを開催して参ります。
突然のB-UP開催のお知らせ大変失礼いたしました。
B-UP BOXING LOVERS
2013/06/19 03:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
今の流行? わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる