わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 改めてボクシングの奥深さを感じたよ・・・

<<   作成日時 : 2013/04/14 13:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 5

序盤の緊迫感満点の攻防、一体何と表現すれば良いのやら・・・
スピードではやや上と見ていたドネアだけど、リコンドー初回から臆目も無く左をボディに送る、更には中間距離でのパンチの刺し合いで左を決め大きくドネアを仰け反らせる、こんなシーンは初めてだ
そして右フックのパンチまでタイミングがワンテンポ速い、正に精密機械の如くだ
対戦相手ありきのボクシングだけど、此れほどまでにドネアが空かされるとは、それではならじとばかりにジリジリプレスを強めるドネア、しかし空振りが多い、巧くいかないドネア、焦りの表情も・・・
ペースを把握してしまったリコンドー、中盤には省エネのスタイルへ、左と右をフェイントで見せながら無理をしない
序盤戦が嘘の様にブーイングが始まる、観客の反応を全く意に介さないリコンドー
ドネアには最悪なる展開、10回、ゴングと共に右を打ち込み挽回を図る、更に左を中間距離で決め起死回生のダウンを奪う、それでも効いてる風に見えないリコンドー、チャンスで有る筈なのに詰められないドネア
逆にリコンドーの左が怖い印象だ、ドネアの試合とは思えない大きな空振りが目立つ
ドネアファンには見ていて辛い試合だったろうね
ボクシングはスピード、タイミング、そして読み、改めて思い知らされた気分だ
最終回、リコンドーの左をカウンターされてしまい挽回を止められてしまうドネア、何とも歯がゆい
こんなピンチにも右ガードで目を覆い左一発に掛ける気概は見えたが、仕留めに懸からないリコンドーの姿が・・・
あのドネアが先手を取られ見事に捌かれてしまった
3−0での採点、全く異論が無い、しかし今後のリコンドーのマッチメーク、凄く厳しく感じるな、全く可愛げがないのは相変わらずだった・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VISVIM 通販
改めてボクシングの奥深さを感じたよ・・・ わがまま親父の日記帳/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM 通販
2013/07/09 12:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ドネアのアグレシブな波状攻撃が、やや線が細いイメージのリゴンドーを押し切ってしまうのではと思っていました。まさかの出鼻を抑えられプレッシャーをかけられる形になるとは予想しませんでした。リゴンドーは、フェザーへ行くんでしょうか。ドネア、リコンドーの今後スーパーバンタムの今後も気になるところです。

2013/04/14 20:48
こういう試合を見ると、今回は実現しませんでしたが、やはり井岡対ローマンをいつかは見たいし是非ともドネアのような階級上げながらもそのクラスの手強い相手に勝ち、進んでいく日本のボクサー見たいと思いました。

2013/04/14 21:00
これは再戦を是非見たいですね。リゴンドーのアマ的な”逃げ打ち”ボクシングでは勝てはしても、人気は出ません。ドネアも左フックばかりを合わせようと圧力を強めましたが、少し短調で負いきれませんでしたね。半年位休んで再戦して欲しい
団塊の世代
2013/04/15 12:56
そうなんだ、ボクシングは戦ってみないと分からん部分が多い、派手な勝ち方してる方が強いとは限らない
ただ階級制覇が少々軽くなってるのが痛いかな・・・
わがまま親父
2013/04/16 22:01
再戦しても厳しく感じます、肩を負傷していたと言う情報も有りますので先ずは直す事でしょう
わがまま親父
2013/04/16 22:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
改めてボクシングの奥深さを感じたよ・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる