わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 今入ったメール・・・

<<   作成日時 : 2013/03/24 13:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 7

ジョーさんに怒られてしまうけど、やはり貼ります、協会本部のデリカシーの無さ、良く現れてますよ

ファイトニュースに妙な記事が出ていた。

4−20のSウェルター級統一戦、
WBA王者オースティン・トラウト
vs
WBC王者カネロ・アルバレス

の勝者はWBAのスーパー王者になるが、
現在このクラスにはスーパー王者メイウェザーがすでに存在する。

もし4−20の統一戦で一方が勝ち、S王者が生まれた場合、
2人のスーパー王者ができる。

その場合、2重スーパー王者の事態についてWBAは検討する
という。

えっ、メイウェザーってWBAのスーパー王者だっけ?
調べてみると、ミゲル・コットが2冠王者ではないのに
S王者に昇格し、メイウェザーとの防衛戦で敗れ、
S王座はメイウェザーに移っていた。

だから、WBAスーパー王者の定義を
(1) WBAを含む2冠王者
(2) WBA王者として優れた王者(コットやクリス・ジョン)
と2重にするから、こんな事態が生まれた。
そこに問題の根源がある。

英語でこれを
ambiguity(両意、あいまいさ)
という。

マァ、日本選手世界チャンピオン〇時代、派手にジュニアクラスを乱発してくれた老舗、暫定と言う恩恵も与えてくれたのは事実としても、落ちるところまで落ちてる気分に変わりは無い、商売意識満点の日本人の事だ、4団体に加盟しようが同じだろう、夢を与えるべき競技で有る筈なのに、どんどん夢が萎んでいく
先ほどだけど、WOWOWで週間ボクシングを見ていた、今のボクシング界、確かに熟年パワー全開だね、37歳とか38歳とか、昔ならばとっくの昔に引退するべき年代だ
そんな熟年が引っ張るボクシング界、考えてみれば技量、キャリアで劣る若き選手が一線級のチャンプを喰ってしまう、そんな構図は最近見ない
原田さんがジョフレを破った名古屋での試合、今見ても全然厭きない、最後まで見てしまうんですよ、確かに技術面では見劣りしても、何しろエネルギッシュ、良くもこんなに動けるもんだ、引き寄せられるように見入ってしまう
結局の所、熟年パワー全開と言うのは若い世代から見放されてると言う事にもならないのかな

今では遥か昔の事だけど、良くも悪くもエネルギッシュ

勿論、肯定する気は微塵も無いけれど・・・





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 靴
今入ったメール・・・ わがまま親父の日記帳/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 靴
2013/07/03 07:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ボクシングから希少価値をなくしたらプロレスだろう(プロレスファンさんゴメンなさい)。自業自得だね。私はF原田、海老原、高山一夫、小坂照男、関光徳、海津文雄の時代に生きれて本当に幸せでした。今のファンは可愛そうですね。主要4団体を認めるのも良いが、大局的にはこれらを束ねて一つにする努力をせねば、ボクシングは絶滅する。世界フライ級50位だって良いではないですか?テニス、サッカー、ゴルフだってそうでしょう。石川遼君だって、よいしょされて世界ランク50位ぐらいでかろうじてマスターに出れるのだから・・・。このままだとトリプルスーパーチャンピオン制度ができちゃうかも・・・?
団塊世代
2013/03/24 14:58
暫定無くすといったから今度はスーパーチャンピオンを増やす方にシフト転換ですかね。この団体一番腐敗が酷く、更に腐敗が進んでますね。まあ暫定も無くさないでしょうけど。
ジョー・ルイチュ
2013/03/24 15:22
これコットがいきなりスーパー王者になった事から始まってるんですよね、ジョーさんはコットとクリス・ジョンを一緒にしていますがクリス・ジョンの時は一応王座を10回防衛したからという理由付けがされていた。それもロマゴンで5回防衛にルール変更になってしまいましたが、、、全てが場当たり的。しかしこれ次にゲレーロとウェルター級のベルトの防衛戦が決まっている、メイウェザーのベルト剥奪すれば済む話しな気がします。
ちなみに2重スーパー王者の件はこれだけではなく、5月のWBAスーパーミドル級正規王者ミッケル・ケスラーvsIBFスーパーミドル級IBF王者カール・フロッチ(現WBAスーパーミドル級スーパー王者はアンドレ・ウォード)も同様なケースです。
ひゅうか
2013/03/24 21:06
どんな競技でも運営に対する不満はあるもの。
見る側が競技に対して冷めてしまう部分にばかりフォーカスを当てているように感じる。
もっとボクシングが好きになる部分にフォーカスを当てるべき。
通りすがり
2013/03/24 22:13
実に単純に思うこと、好きになってしまった弱みを握られてる気がしてしまう、結局の所、ボクシングから離れられないのだから・・・
わがまま親父
2013/03/24 22:39
 そのうち淘汰される団体も出てくると思う

 日本のボクシング人気は今から上がってくると思う
 ちびっこボクシングがプロもアマチュアもでき底辺の拡大が着実にできてきてるので 昔の様にハングリースポーツ『拳闘』で成り上がりの時代でなく もう一度スポーツボクシングとして新しい時代を築く様な気がします。現実に今いる日本の世界チャンピオンや時期チャンピオン候補もほとんどアマチュアエリートや経験者ばかり これからはそんな人しか上には上がってこんよ  叩き上げのジャッカル丸山のような役割をする選手は中々出ないと思う これも時代の流れかな
 通りすがり
2013/03/25 01:34
そうなって欲しいね、今は何でもアスリートの時代、昔の様なジャッカル、もしくはブル加藤の様な異彩極まりない選手が割り込めない状況も有る
事、人気面で語るならば、そんな異彩な選手等の方が一般大衆の心を掴める、確かに時代の流れかも知れないが、やはり闘争心を前面に出さなくてはならない競技で有るべきボクシング、こんな異彩な選手は時代の狭間で必ず生み出されると思いたい
わがまま親父
2013/03/26 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
今入ったメール・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる