わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当に決まってしまいそうだ・・・

<<   作成日時 : 2013/01/03 00:09   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 7

本日は比較的に楽な勤務だった、早速大晦日の井岡選手の試合を再生した

初回に見せた右アッパーからの左のダブル、軽量級でダウンを奪ってしまう、ジュニアフライでの試運転と言うのに
何とも恐れ入る、私等世代、どちらかと言えば南米選手等に逆にボディで仕留められる日本選手を見せられてた
腰をすえた構え方、軽量級のスタイルでは無い、スピード重視、何しろ足でかき回す的な根性論先行だった日本ボクシング、時代の変わり目を見る様でもある
難を言うならば手数がやはり足りない事くらいだろうか?バランスもシッカリしてる、パンチの的中率も高め
個人的にはラフな頭を低く闘う相手との試合が見てみたいのだけど、あの腰をすえたスタイルだと相手の頭の低さは怖い気分でも有る、途中中間距離での打ち合いに入ったときロドリゲスが苦し紛れに頭を低く構えた、左グローブで軽く押さえる井岡選手の姿が有った、意外に対応できそうな予感もするな
さて海外サイトで具体的なる記事も出てきた、やたらと井岡の名が出てる、この現象は現実味が出てきた証拠だ
http://www.notifight.com/artman2/publish/Reporte_7/Aumenta_inter_s_por_Chocolatito-Ioka.php
大手傘下のゴンザレス、日本テレビでの放送は風前の灯火であるだけに、ゴンザレスの貸し出しに協力してくれると思うのだ、このカードをWOWOWでは寂しすぎてしまう
ボクシングの世界戦は個人的には御祭り、やはり地上破での放送が最もだ、当然放送はTBSだろうけど、このカードを決定してくれるのならばTBSを見直してしまうだろうな
果たして井岡陣営、受け入れるのだろうか?
過去の流れからすれば、何かと難色を示し、延期か更には中止に成るのだろうけど、確かにゴンザレスは未だ早いと言う気分はする、するけど選手が更なる凄みを見せるのは、やはり対戦相手ありきだ
この機を逸する手は無いと思うのだが、興行の世界は難しい・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 店舗
本当に決まってしまいそうだ・・・ わがまま親父の日記帳/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 店舗
2013/07/03 10:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
未だ早いという言い訳は出来んでしょうねえ。
だってちゃっかりロマゴンどかして正規王者になっちゃってるわけですし(笑)

怒った帝拳が本気で追いつめに来たのか、あるいはこれを脅しに井岡側に貸しを作るカードにするのか…
なんかこの辺の裏の暗闘を思うとぞくぞくしますね(笑)

さて井岡陣営はこの露骨な包囲網のどう対応するのか!
最後に笑うのは誰だ!?(無責任)
弓宇
2013/01/03 00:54
なぜだろう?
あの統一後、先に持っていたWBCではなくWBAのベルトを保持した。
日本ではWBA正規しか相手にできないので
井岡の次なる標的はロマゴンだと俺はそう感じた。

それなのに何故か皆さんはロマゴンを井岡陣営が避けたている的に感じている人が多い。

3ヶ月の期限を設けたロマゴンとの対戦は、ロマゴンに対して逃げるなと突きつけたものだと俺は思っているのだが違うのか?

井岡にとってライトフライでベルトを取れたわけだし仮にロマゴンに負けても、もうライトフライには用はない。勝てばまた他団体との統一狙うのでは?

元WBC世界ミニマム級王者オーレイドン・シスサマーチャイ無敗に挑戦したように、その階級で一番強い者を目標にして戦ってる?そういう自信がある井岡陣営だと思うけどね。

さる
2013/01/03 02:25
僕もまだ井岡にもう少し経験をつましてからロマゴンに挑んでもらいたいもの。いかんせんロマゴンがいるのに決定戦になってベルトを巻いて二階級制覇といってるので、こりゃロマゴンとやって勝つことで最強を証明できると思います。
カリメロ
2013/01/03 14:21
ウィキペディアにこう載っていましたが・・・
本当なんでしょうか↓↓↓

2012年12月、同月31日にボディメーカーコロシアムで元WBA・WBC世界ミニマム級王者井岡一翔と前WBA世界ライトフライ級暫定王者で同級5位のホセ・ロドリゲスの間で行われるWBA世界ライトフライ級王座決定戦の勝者と90日以内に対戦するようWBAより指令を受けた[24]。

2012年12月31日、元WBA・WBC世界ミニマム級王者でWBA世界ライトフライ級2位の井岡一翔がボディメーカーコロシアムで行われたWBA世界ライトフライ級王座決定戦を6回2分56秒TKO勝ちで制し第27代WBA世界ライトフライ級王者となり、日本人選手最短のプロ11戦目での2階級制覇を達成した為[25]、上述の通りWBAの指令に基づくゴンサレスの対戦相手が井岡一翔に決定した。


決定した。・・・本当に決定なんでしょうか
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AC%E3%82%B9
nories
2013/01/03 17:26
わがまま親父さんの貼ってくれたNotifightの記事には確かに90日以内と書いてありますね。Sin embargo, este fen&oacute;meno del boxeo japon&eacute;s no la tendr&aacute; nada f&aacute;cil en su siguiente combate, porque en un t&eacute;rmino de 90 d&iacute;as deber&aacute; enfrentar al nica Rom&aacute;n “Chocolatito” Gonz&aacute;lez 次の相手は簡単でないよ、というのがラフな訳です。
団塊世代
2013/01/03 20:44
ロマゴンは井岡と1階級上げてビロリアの名前を出しています、井岡陣営が試合に応じなければロマゴンはビロリアに挑むでしょう。そして体格差などで負ける可能性が高い。
井岡のライトフライ戴冠はおかしな経緯があり、本来ならロマゴンとやるべきことでした、それにこの機会を逃してしまったらこの階級にビックネームは他にいません、負ける可能性もありますがだからこそ見たい、実現して欲しい。
ひゅうか
2013/01/03 20:55
井岡は試合にムラのある最近のロマゴンなら結構チャンス有りと見た。
団塊世代
2013/01/06 16:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
本当に決まってしまいそうだ・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる