わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 西岡選手、御苦労様でした・・・

<<   作成日時 : 2012/11/14 00:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

海外でも珍しくも記事に成ってる、日本選手引退の報道、滅多に無い事ではないのかな
http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?from=&to=ja&a=http%3A%2F%2Fwww.boxingscene.com%2Ftoshiaki-nishioka-officially-announces-his-retirement--59296
個人的には余り好みの選手ではなかった、あの大口叩き、辰吉選手の様な茶目っ気が丸で無い、ただ生意気なだけに見えた、早すぎると思ったウィラポンへの挑戦、案の定で完敗、それもウィラポンの迫力に飲まれ、得意の左が打てない、挑戦者として有るまじき行為、自ら仕掛ける事をしない、ザマーミロと言うよりは、こんなチキンな選手では先ずは世界に辿りつけないと感じた
ところが1年後の再戦、大手に移籍も関係するだろうが、偉く様変わりしてしまう、前回の後ろ向きのサークルから右をフリッカー気味に突きながら前に出る、そして得意の左まで決めてしまう、愕いた、たかが1年で変われるものなのか?改めてセンスの高さを感じさせられた、惜しいドローと思ったが、やはり攻め手が無さ過ぎる、でもウィラポンに対するトラウマは払拭した、イヨイヨの3戦目だったが、ウィラポンの左殺しの餌食に成ってしまう
アキレス腱の断裂、選手の怪我は致命的だ、以前のようにバッサリ切り捨てる左が鳴りを潜める、引退しか道の無かった選手、再起戦で聞いた言葉、負けたら無職ですから・・・何とも人間臭い
そして何時しか生意気な言葉が消えうせる、久し振りに道を感じる選手だったと思う
何かとボクサーは余計に1試合をしてしまうと言うけれど、どちらかと言えば日本選手の場合は余計な1試合をこなせない場合が多い、ジム制度の難しい面だろうけど・・・
勿論、ドネア戦が遣らねば成らない試合だった、より強さを求める競技として当然な事だ、個人的にはドネア戦まで辿りつけないと踏んでただけに意外な決定だった
自分の様な物臭な人間が、わざわざアメリカくんだりまで出掛ける気にさせてくれたのは、西岡選手の極めようとする意識からではないだろうか、参戦してよかった、改めて思ってる
西岡選手、18年間、御苦労様でした、そして有難う、感謝します

本人談ではソテロ戦が復活の兆しのように語ってるけど、個人的にはローレンテとの2戦目と思ってる、泥臭い新たなる西岡選手を見た気分だったな・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ローレンテ戦 序盤に西岡選手ダウン喫し驚きました。
タフネスを売りにするタイプではなかったのでそれだけ
防御勘が良いということなのかとにかく珍しいシーンでした。ローレンテも福島選手に勝っているので手強い相手でした。

2012/11/14 19:07
記憶が曖昧なんだが、ダウンしたのは1戦目と思ったけど・・・
わがまま親父
2012/11/15 00:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
西岡選手、御苦労様でした・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる