わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 路線変更も悪くない・・・

<<   作成日時 : 2012/10/27 00:16   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

明日は栗生選手のタイトル戦、本日に西岡選手のドキュメントを見た、ほんの2週間前には、この地に居たのかと思うと不可思議な気分に成ってしまう、未だにWOWOWでの録画は見てない、見る機会は何度も有りながらも・・・
西岡2世として大手の看板にならねばならない栗生、明日の試合はほんの前哨戦にしなければ成らない筈
そして日本ファン期待の内山戦に進む筈だったが、本日になり、こんな記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121025-00000267-sph-fight
良いか悪いかは別にしても、個人的には悪い方向性とは思えない、西岡選手の場合を考えても、有る意味で崖っぷちだった選手であり、引退まで噂された選手だ、あのジョニゴン戦は入札に負けてしまったからだが、仮に長谷川選手だったらば逆に入札で勝ってしまったと思うのだ、地上派から見放された選手と地上派の抱えた選手とでは、其れくらいの差は有るだろう、西岡選手は行かねばならない選手でも有った、そして本来は海外でヒッソリタイトルを明け渡す羽目に成る、ところが勝ってしまい道が開けた
正直自分もジョニゴンには勝てないと踏んでた嫌な輩だ、一線から外れてしまった選手は先ずは戻れない、そんな原則を知ってるつもりだった、こんな例も有るんだな〜
改めてドキュメントで西岡選手とドネアの試合画像を見た、現地でも右のガードをガッチリ固めているのは分かった
ドネアの左を警戒する余り、動きがぎこちなくも見えた、ジョニゴン戦の方が右を起点のガードブロック、もっとユラユラ自在に起動してた、この一戦では起点が無く、ただのガードブロック、逆により自然体で自在に動いていたのはドネアの方だ、左を警戒し過ぎたため得意の左を封印してしまったのではないのかな
9回の右にしても、誘い込んでの右のカウンターでは無い、ガードの隙間を狙い打たれた、そんな感じがしてしまった
やはりボクサーは選手生命も短い、それゆえ一線を走り続ける、一線から外れてしまった期間が悔やまれる・・・
海外に出るならば若い頃の方が得では無いのかな、本日の栗生の世界戦、リアルタイムでは見られないが、その勝ち方にも拘ってほしいね
内山選手も心中穏やかでは無いだろう、何しろ海外に出るパイプが有る、そのスケールは桁違いだ、勿論リスクも高いけど・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ アウトレット
路線変更も悪くない・・・ わがまま親父の日記帳/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ アウトレット
2013/07/08 13:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ワウドキュメントで、計量帰りの西岡に声援送る日本客の中で画面に映ってましたか?(笑)
弓宇
2012/10/27 10:26
残念ながら粟生の試合は昼間の裏番組に良いのが沢山ある時間帯で良かったですね。山場が全然なくて、クリンチ、スリップが多くて、出血も多くて、噛み合わず、とても普通の人が見て楽しめる試合ではなかった。あの相手は粟生には美味しそうなスタイルだったのですが、力みが出てしまい、喰らわなくてもよいようなパンチを食らっていましたね。倒す気がはやりすぎると、防御感に優れた選手でもこのように醜く空回りするのがボクシング。いやー難しい。それより、岩佐にはハッキリと倒して亀田との差を見せつけて欲しかった。デラモラが思ったよりもタフだったということでしょうか。
団塊世代
2012/10/27 17:30
チラリとも映ってませんね、実は期待していたんですけどね・・・
わがまま親父
2012/10/29 11:21
確かに、あの内容でゴールデンでは辛過ぎてしまう
悪い選手では無いのだけれど、何故か闘志を感じない
そして気迫も感じない、やはりボクシングは格闘技である事を、改めて認識して欲しい
しかし本田代表の引退勧告は行き過ぎにも感じるな
わがまま親父
2012/10/29 11:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
路線変更も悪くない・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる