わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 改めて思うバレロの凄みかな・・・

<<   作成日時 : 2012/09/09 01:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 8

リナレスと亀海選手等の海外での試合が決定した、いよいよ大手帝拳も海外に進出なのだろうか?
http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?from=&to=ja&a=http%3A%2F%2Fwww.boxingscene.com%2Flinares-vs-velazquez-imminent-sacramento-on-10-6--56840
その対戦相手であるピタルア、ベラスケス、両者共にあのバレロにストップされてる、思えば横浜での坂東ヒーロー戦を生観戦してるが、あの顎上げスタイルが何とも気になった、この選手は絶対穴を見せる筈、ところが試合を重ねる度に増してしまう凄み、何とも言えない嫉妬にも似た気分を感じて仕方なかった
更には本望戦、ガード越しのパンチで顔面を朱に染めてしまう、嶋田選手には微かにだが期待すら持っていた
しかし見せられたのは当て勘の良さと意外な程に固い防御力、畜生だ・・・
あの悲劇さえなければ何処まで飛んでいった選手なのだろうか?
あのブレーキの効かない様なボクシングスタイル、其れこそパックマンとも対戦してたかも知れないな
そんな妄想に浸りながらも感じる事、ブレーキが効かないが故に私生活でのブレーキが効き過ぎてしまった
相変わらずに馬鹿書いてるけど、人生にはバランスも大事だな、一方が抜きん出てしまうと、一方がゆるく成ってしまう・・・
リナレスと亀海選手にはバレロ以上の快勝を期待したい、あのバレロを思い返すのは終いにしたいからだ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ バッグ
改めて思うバレロの凄みかな・・・ わがまま親父の日記帳/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ バッグ
2013/07/07 04:15
エアマックス 95
改めて思うバレロの凄みかな・・・ わがまま親父の日記帳/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 95
2013/07/10 06:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
バレロが4団体統一とか複数階級制覇とかパックと決戦とかしてれば、本望や嶋田、それに坂東にとっても一生誇れる勲章になったんでしょうが…

まあ文字通り、死んだ子の歳を数えても仕方ないですが、まさにタピアやラモッタに通じるような、人格破綻に近いような野獣性こそがバレロの強さの根源なら、程度の差はあれああいう悲劇的な最後は避けられなかったのかもしれませんねえ。

今日のクリチコの試合見ても、やはりどんなに強くて勝ち続けても、この野獣性がないとどうにも魅力的に見えないんですよねえ。
弓宇
2012/09/09 10:28
そうなんだ、ボクシングと言う競技は、幾ら戦略、技術と語っても、それらを一気に包み込んでしまうのが選手が持ちうる野生の力、それに優るものは無い、そんな常軌を逸した試合を見てしまうと、その選手のその後を何故か妄想してしまう
人格破綻か・・・痛いことを言ってくれる、ボクシングマニアは酷いサジストなのかもね
確かにクリチコの試合は燃えないな、ヘビー級もそろそろ衣替えの時期では無いかな
わがまま親父
2012/09/09 12:37
バレロの悲劇はここ数年のボクシングニュースで一番衝撃的でした。野獣性といえば「あしたのジョー」に影響を受けた僕はこの一面を見せるボクサーに魅力を感じます。その意味で一度しか試合を見たことがないのだが、チャンピオンにもなったことのない青空西田のギラギラする野獣性は印象的でした。

カリメロ
2012/09/09 14:59
バレロの試合を始めて見たのが中2の時

14年間の人生で最も強い人間を目の当たりにした感じがありました

亀田ブームに乗っかるようにボクシングにのめり込んだ世代ですが
6年間ボクシングを見ていてバレロと堂々と打ち合えそうなボクサーはマニーパッキャオとファンマヌエルマルケス以外に今のところ見当たりません

ライト級に上がる頃ぐらいにバレロが戦いたい相手として二人の名前を出した時は
今で言うとこのパックvsメイぐらいに楽しみだった記憶があります

でも不幸な形でキャリアを終えてしまったバレロですが
なんとなくそれすらも似合うような

ボクシングスタイルがそのまま自分自身の人生の色のような

そんな雰囲気をまとった偉大なチャンピオンだったと思います
F50シーマ
2012/09/10 11:57
バレロの野性味は凄かったですね、バレロの存在も日本のボクシング界に来日した外国人王者のどのタイプにも
あてはまらない存在感ありました。
もしかして仮の話ですが、バレロがライト級でなくヘビー級のボクサーとしてタイソンばりに現れていたら、もっととんでもない今以上に偉大な王者になっていたのではと思います。

2012/09/13 05:55
青空西田選手は未だ現役と思いましたが、最近めっきり話題を聞きませんね、でもあの一試合だけですから判断は難しい選手ですね、個人的には復帰して欲しい選手ですけど
わがまま親父
2012/09/18 22:49
生きていたなら何処まで行ったか分からん選手です
帝拳ジムから契約を継続されなかった、この時点で予兆は有った気がしますね、余り良い噂を聞きませんでしたから、サーシャみたいに変な事件を起こす前の解約と感じてます、日本で馴染まれる外国選手、私生活まで煩く言いたがる日本では厳しいのでしょうね・・・
わがまま親父
2012/09/18 22:55
そうなんだ、誰にも当てはまらない凄み、そして独特なる当て勘、穴が有るよで無いタイプ、正直見たことが無いですね、こんなタイプがヘビー級に出てきたら、最もヘビー級のチャンピオンらしいチャンピオンでしょう
自分が幼少の頃のヘビー級は殆ど、こんなタイプでしたよ
わがまま親父
2012/09/18 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
改めて思うバレロの凄みかな・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる