わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 意外な程に安心して見られたな・・・

<<   作成日時 : 2012/08/04 01:10   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

BSとは言えフルラウンド流してくれたのは有り難かった、去年の世界選手権はノーマークでの快挙、真価が問われる本選のオリンピック、正直危機感も感じていたのだが、初回からグイグイ攻め立てる、世界選手権でも効果の有ったボディ攻めも健在だ
http://www1.nhk.or.jp/olympic/boxing/index.html
しかし初回が終わり意外な程にポイントが流れない、清水選手の一件でナーバスに成ってしまったのか、レフェリーが再三村田選手に注意を与える、2回にはローブローでの減点、やや低めには見えるが、相手の肘のブロックもあり、ナックルが下に向いてしまうのだが、ボディが主武器でも有るだけに、今後に響いて来る気もしてしまうな
最終回は打ちまくり、カウントするかも知れない場面を作るが、そのまま終了、最終回だけはポイントが流れた印象
1.2回の少ないポイント差には少々驚いてる、やはりオリンピック、何が起きるか分からんですね
試合内容事態は何等問題は無く見えてる、相変わらず重いボディを打ちますよ、44年振りのメダル、行ける様な予感が目一杯してますね、でも44年もメダルに絡んでないわけで、日本選手等にポイントが流れないのは其れは其れで仕方ないことなのかも・・・
しかし去年の世界選手権で決勝を争ったウクライナの選手が敗戦、其れも同点での採点らしく、その採点の仕方、全く分からない、ジュリー採点と考えていいのかな、勝った相手は地元選手、そんな事を聞いてしまうと変に納得なのかな、所詮金の世界と諦めたくは無いのだけど、清水選手の試合で目一杯見せられてしまってるだけに、次からは切り替えて公正に・・・と言う事も考え難い、清水戦のレフェリーが追放されたのは当然だろうが、結局の所は賄賂に関しては追求はされないのだろう、良い意味での臭いモンに蓋をしただけ、そんな事を考えちゃうと空しくなるだけだな

さて気を取り直して、次の対戦相手を見てみよう、トルコのキリッチ選手
http://www1.nhk.or.jp/olympic/movie_portal/search/?j=BX
カフー選手とは好対照のストレート系のパンチャーの印象ですね、足も使うけど、結構積極的、パンチはそれ程重さを感じないですね、圧力掛けてボディで攻め込めれば、この足を止められそうだな
勿論楽観出来ないけど、44年ぶりが有りそうですね・・・
熱い夏は続きそうですよ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
村田選手のパンチ入ってこれから連打というときにすぐレフリーが割って入り注意が多かったような気もしました。あのポイント制度わかりずらいですね、何発ヒットしてもポイントになったような、ならないような不思議な感じです。それ以前のスタイル20点方式の優劣がいいように思います。
アイスこーひー
2012/08/04 07:01
ファイター同士の対戦、相手の選手も頑張って手をだしていましたが、村田の方が、パンチがあり、当てるのが上手く、ガードも硬いように見えました。

1Rスキあらばすぐボディを入れる村田、上下の打ち分けいい感じ、手数、有効打とも明らかに村田優勢の印象。デイフェンスも相手強打はもちろん、パンチは殆どもらっていないように見えたのですが、1R終わって5−4・・・『マジかよ、この内容で1P差?こりゃ勝つの大変だ』と思いました。

大して低くないように見えましたが、レフェリーは村田のボディに何度も注意、2Rにやはり問題ないように見える右ボディストレート(むしろナイス!と言いたいパンチだったが)でついに減点?の様子。ベルトライン上ってOKなんじゃないんですかね。『金的』はおろか『下腹部への加撃』でもないでしょう。2R終わってセコンドから『腹は打つな、上だけ』の指示!もちろんあと1Rだし、『このレフェリーじゃだめだ』という現実的な判断に基づいてのものでしょうが、嫌な感じを受けました。
ボディブローはファイターの村田にとって、特に重要な武器に見えたし、下があるから上も当たるという面もあります。二つの拳でパンチのみのボクシング、ボディ売っちゃダメってどんだけ行動制限されてんだよと……まあ、『思わず』なのか、ちょっとは出してましたけど。『それでいい』と思いましたけど(笑)
まあ、勝って何より、ここからが正念場ですね。

それにしても1,2Rの内容で、あのポイント差では先が思いやられます。相手のパンチは村田より軽いし、村田は防御もよかったように見えたのですが…
KOKO
2012/08/04 09:38
ジャッジ連、清水選手のレフェリー追放で、かなり神経質に成ってますよ、ボディブローに関しては全く同意
アレを原点にされてしまったら試合にならない
ただ20点方と言うのは逆に賄賂がまかり通りそう、ヒットポイント制のほうが未だ諦めが付く、そんな感じですよ
わがまま親父
2012/08/06 00:13
2回の減点で3回は殆ど顔面攻撃に切り替えてる、その代わりに被弾もしてしまってる、そこ等へんが不安ですね、無駄なダメージはトーナメントには禁物です
村田陣営、あのボディに対する何等かの抗議を早めにしておかないと後が大変ですよ
上下の揺さぶりで戦う村田ですから、次の相手のキリッチ、脇が甘そうです、ボディから崩せそうなだけに試合前から戦わないと・・・
わがまま親父
2012/08/06 00:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
意外な程に安心して見られたな・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる