わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS いよいよ海外でも記事が出始めてますね・・・

<<   作成日時 : 2012/08/24 01:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

日本選手の名が海外の記事にされるは何とも言えない嬉しい気分、現実味を帯びてきた証拠
http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?from=&to=ja&a=http%3A%2F%2Fwww.boxingscene.com%2Fdonaire-getting-himself-top-form-nishioka-clash--56306
後は両選手共に怪我だけは充分注意、無事にリングに上がる事を祈ります
さて4人も世界チャンプを抱える大手帝拳ジム、それぞれの対戦相手が決定、正に我が世の春を謳歌・・・と言う気分でも無さそう、栗生選手は何とか地上派を確保したが、夕方の1時間枠、セミの注目試合は流れなさそうだ
そして山中、五十嵐選手はWOWOWのみのテレビ中継
昔ならイザ知らず、世界戦と成ればゴールデンの時代は既に過ぎ去った、西岡選手の場合は未だ微かなる希望が有る、突然での生放送が有るかもだが、先ずはこのダブルカードは地上派への放送は無いだろう
先日のオリンピック金メダルの村田選手の姿を見てると、やはりプロの世界は商業化され過ぎてる、予選、準決勝を勝ちあがる姿は、やはり尊く感じた、その判定が微妙であっても眩しく、選択肢が余りにも多くなってしまったプロの世界戦、嘆くしかないのか?
今更一本化出来る筈も無い、分かっちゃ居るけど・・・
でも悪い動きとも思えない、元々国際競技であるべきのボクシング、海外からの良いオファーには飛びつく機会かも知れない、今は脅威の円高故に国内の方が得だろうが、あのガッツ石松さんの例も有る
チョットばかり期待してるのは内山選手の次の相手とされるバスケス陣営の動向だ、コスタリカがどの程度のボクシング人気なのかが問題だけど、是非とも入札に成ってほしいね
でもこのカード自体は悪くないですね、ロハスが来るとは思いもしませんでした、あの八百長発言は如何したのでしょうかね?
あんな言葉は冗談でも言っては成らない、本来試合枯れする選手はガンボアでもなくリコンドーでもなくロハスだよ
両者長身のストレートパンチャー、早い回で終わってしまうか、それともダラダラ長引くか?
五十嵐選手のナルバエスの弟、この選手の画も見ましたが、綺麗なワンツー打ちますよ、9位と言っても侮れない、怖い相手ですね、個人的には五十嵐選手が不利に見えるな
余談だけど、先日読売新聞の広告に巨人のチケット予約が入ってた、S席が5800円だったかな、昔ならば巨人のチケットはプラチナでしたよ、並びでもしないと手に入らないものでしたが、変わったものですね〜
そして単純に思うこと、ボクシングのチケットは高過ぎる、折角好カードを提供しても空席が目立つでは今後が危うい
と言って安くしたから客が集まる訳でもない、徹底的にコアなファンばかりにしてしまうのも悲しい、難しいな〜この問題は・・・



BOXING BEAT (ボクシング・ビート) 2012年 09月号 [雑誌]
フィットネススポーツ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BOXING BEAT (ボクシング・ビート) 2012年 09月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
帝拳でも地上波がつかない時代になってしまいました、いよいよ厳しくなってきましたね、でもピンチはチャンスとも言いますし、西岡も地上波が維持できていたら冒険していなかったでしょうから今後も舵取り次第で日本のボクシング界も良い方向に向かうことも十分ありえますね。
こんな時だからこそ帝拳勢には試合内容で魅せてくれることを期待しています。
ひゅうか
2012/08/24 06:00
それぞれの世界王者、違う興行になるなんて凄いですね。挑戦者 対戦者も手強い人ばかり。昼間の世界戦
ボクシングの試合 浜田さんのときから中継なかったのでクロード・ノエル戦、パクイン戦 高橋ナオトさんの試合などリアルに見れなかったので、日曜日の午後と聞くと、諦めモードです。でも今は何とかCSで見れるのでいいんですが。辰吉さんのときだけありました。ベガヒル戦 スアレス戦 パショネス戦 見れましたのであれ以来中継ないです。

2012/08/24 06:40
関西在住だった学生時代、浜田さん、高橋ナオトなどの試合は生中継されず。でも、日曜日の夕方にあった読売テレビのスポーツ情報は関東のものを関西でも流すので、後楽園ホールでの試合結果など映像が少し見れました。ネットもないんでそれが唯一の映像確認でしたな。
カリメロ
2012/08/24 23:15
地上派が付かないと今では資金回収できませんから、今後の世界戦開催には慎重に成らざる得ない
悪い事では無いですね、脅威の円高を利用するだけの無用な挑戦試合、確かに無いよりはマシですが、今の日本は名前だけとは言え世界チャンプが多過ぎ、敵地での防衛戦も増えそな予感
わがまま親父
2012/08/29 11:12
今の時代で4人も抱えてしまうと、逆にその経営が厳しいでしょうね、現金を払ってくれる真のマニアを大事にするモチーフも無いのが今のボクシング界の興行ですから、その興行形態を見直す時期に来てると思う
わがまま親父
2012/08/29 11:17
私は東京在住ですから、それ程困った事は無いですが、関西は不思議な地域と感じますよ、地上派も付かないのに名城選手、又は久高選手の挑戦が決まる、マスコミ自体はそれ程の興味を示さない地域で有る筈なのに、タニマチに関しては東京より強力、でもそのタニマチと言うのは曲モンな気もしてしまいますね
わがまま親父
2012/08/29 11:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
いよいよ海外でも記事が出始めてますね・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる