わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 何気に見た画・・・

<<   作成日時 : 2012/08/20 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


この画を見て気付いた、拳を骨折してしまった問題のラバゴ戦を生観戦していた、確かノーテレビだった気がする
ディリースポーツ紙でたま〜にボクシングのチケット応募する時があった、たまたま見付け応募したら、何故か当たってしまった、くじ、懸賞関連では全く縁の無い自分、この他にもかなりの回数応募したが、殆ど当たった記憶が有る
それだけ競争率が低かったのだろう、そうでもなければ当たるわけもない、悲しい話だが現実だ
浜田さんはこの試合が初見だったと思う、昔の帝拳ジムは生え抜きの選手ばかりで、アマからの勧誘は珍しかった、この頃からではないですかね?
パンチの有る選手との触れ込みだったが、その初回、ゴツ〜ンとばかりに館内に響く轟音、今も昔もだけど軽量級主体の日本ボクシング、やはり中量級とも成ると迫力が段違いだ
ラバゴはブロックしててもダメージを貰ってる感じ、早い決着を予想したが、試合は意外な程に長引く、初回に見せた迫力の有るパンチが鳴りを潜める、早くもスタミナが切れてしまったのか、その後の浜田選手、殆どのパンチがテレホン気味、ワンツーを打つ際、どっこらしょとばかりに左の腕を上げて打ち込む
かなりの期待感を持って観戦した試合だが、ガッカリの印象だった、この選手が世界?無理無理
その後、骨折と言う噂は聞いたが、そのまま自然消滅的なる引退だろうと感じていた
自分が見た限りでは、2回頃から動きが変だった、早い回で骨折したは疑いようの無い事実
ラバゴが棄権しなかったら、連続KO記録も途切れていただろう、激痛に耐えながらの試合、既に倒す威力は感じられなかった、でも凄い精神力だな・・・

あのレネとの世界戦、日テレが何度も流したスミスを追い込み一撃で沈めるシーン、正直勝ち目は無いとまで感じた、長身選手が浜田さんレベルの身長差に見せる殺し技、余りにも見事過ぎた
浜田さんのストイックさは既に有名な話、正に求道者の様でもある、そんな生真面目なる姿勢に勝利の女神が微かに微笑んでくれたのではと勝手に思ってる

余談だけど、今の時代のボクサー、変わりましたよ、我々世代は4回戦であっても酒、タバコは厳禁、当たり前でしたけどね、今はソコソコ楽しんでるますものね・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この動画見たことあります。鶴太郎さんナレーションで
始まる引退の番組ですね。八王子にあったころの話から始まり結構見入ってました。なかでもデビュー当時の浜田さんの話が興味深く聞き入ってしまいます。
浜田さんのレネを倒した時のコンビネーションブロー 見事すぎて忘れられないです。


2012/08/20 18:25
八王子では無いですよ、東京の王子です、関西の方が見るとたまごと読む方も居ますけど・・・
でも当日のレネは本調子ではなかったと思う、控え室で大欠伸する世界チャンプ、正直見たことが無いですね
自分も帝拳には1度だけ練習に行った事が有りますけど、一階が練習場でした、この画だと2階みたいですね
わがまま親父
2012/08/24 01:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
何気に見た画・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる