わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 清水選手、御苦労様です・・・

<<   作成日時 : 2012/08/10 23:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

オリンピックの終盤戦とも成ると、日本選手にはメダルに届かない競技が続き、やや一段落の感覚に成るのだが、この時期まで日本選手が生き残るとは、日本のアマボク界にとっては最良の日だ、既にメダルを決定させてる清水選手からの出番、本日は夜の勤務、リアルタイムでの観戦は無理と感じていたが、何故か間に合ってしまった
テレビのスイッチを押すと初回のゴング間際だった、初回からボディの的を絞ったか?グイグイ前進する清水、しかしキャンベルのワンツーも鋭い、少々顔面の防御が手薄に成ってしまったか被弾が多い、打たれながらも小さくアッパー気味に打ち込むボディはキャンベルの戦力を徐々に消耗させてるようにも見えた、初回が終わり5−2でキャンベルリード、実に納得の採点、やはり追放騒ぎの影響だろうか?思ったほど開いてない
2回もキャンベルのワンツー、清水の右に合わせる左も目立つ、やはりボディだけでは見映えが悪いか、明らかにキャンベルは苦しそうだが、更に開いてしまった差、最終回に期待がかかったが、果敢に攻める清水、鼻血も流し表情も険しくなったキャンベル、ボディが続けてヒット、ペースを取りかけたに見えたが、終盤は逆に打ち込まれる清水
当たり前の事だけど簡単ではないな、このラウンドでキャンベルがいきなり膝を付くシーンが有った、ギアの具合が悪くなったのだろうが、立ち技の競技であるべきボクシング、どの様な理由が有っても自ら膝も腰もキャンバスに付けては成らない、その前に清水選手のボディを如何にも効いてる風なだけに、頂けない気分だった、両選手共にギアが合わないのか、ブレイクの度にグローブで手直ししてたな、ギアくらい調整できないものだろうか?
判定は大差に成ってしまったが、別に地元贔屓と言うものでもなかった、勝利コールを受けるキャンベルが如何にも苦しそうだったのと、清水選手の安堵したような表情が印象的だった、清水選手、よく闘った、胴メダル、おめでとう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清水選手、御苦労様です・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる