わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS もう上がってる・・・

<<   作成日時 : 2012/07/16 01:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

スカイーAの放送前ですから上がってる訳は無いと思っていましたが、このアップ主には感謝です

小国選手の構え、何やら懐かしい感覚です、我々世代はもっとガードガッチリ、少々窮屈でも有りましたが、ガードなんかを下げようものならコーチから容赦の無いお叱りですよ
始めて見たアメリカンスタイルの世界チャンピオン、フレディ・リトル、その極端なまでの左のガードの低さには困惑したモンです、殆どノーガードに近い、足も殆ど動かさず、実に不用意に見えるのだが、日本の挑戦者である南の左は丸で届く気配が無い、その足の位置感覚、フェイントを交え、総てを見透かしてるような読みの深さ、ただただ唖然としてしまった・・・
それ以後とは言えない、その前でも日本選手のノーガード選手は居たが、その主流はごく僅か、やはりガードガッチリスタイルが主流だったろう、ところが此処数十年の日本から生まれたチャンプ達、辰吉選手を例に挙げるまでもなく左は下げ気味である、その選手の個性と言えば聞こえはいいけど、やはり怖い印象を持ってしまう
比較的ガードを上げ気味の選手でも見られるグローブをユラユラ動かす遊び行為、右のグローブを顎の下にキッチリ戻す行為、何時からおざなりに成ってしまったのだろうか?
小国選手の構えは実に基本的なモノです、前に出るべき左を目線に置き、右は顎の下辺りに位置させる、そしてその構えを崩さない、個人的に好みだったのは高田次郎の構えでしたが、チョットばかりガッチリ過ぎたかなの印象も有りますね
この画はダウンシーンしか入ってません、後半になりスタミナ消耗でガードを崩してるかも知れませんが、サイドに回りこむ軸がシッカリしてます、日本のアウトボクサーの欠点とされる横への動きも滑らかに見えます、ガードを崩さずに横へ動くのは大変難儀な筈ですが、かなりビックリな選手ですね
こんなガードキッチリな選手を見るのは具志堅さん以来かな〜ただ具志堅さんは前後の動きが主体でしたけど
日本のアウトボクサー全般に言えることだけど、前後の動きでストレート系を当てようとするだけに、頭の位置の低い相手には、かなりの確立で苦戦しますね、この小国選手は対応出来そうに見えます
しかし右のストレートでのダウンは見事、打ち込み直ぐに顎の位置に戻ってる、未だ騒がない方が懸命だけど、無駄の無いスタイルを模索してる感じもしますね、確かに余計な動きが無いだけに面白みには欠けるタイプかも知れないが
やはり思う事だけど正当に優るモノは無い、本来見せるべき競技ながらも何故か感じてしまうのです・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 2013
もう上がってる・・・ わがまま親父の日記帳/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/09 21:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
最初のダウンシーンは凄いですね、KOもありそうな雰囲気です。小國選手 獲った相手も、防衛戦の相手も皆強くこれから期待します。

左手を下げるボクサーで印象深いのですが今里光男選手、左手ぶらぶら振っていたような気がします。島袋戦お見事でした。

2012/07/16 06:38
良く立ったと思いますね、ストップでも可笑しく無い
体が反転してます、コンパクトな右ストレート、いやはや良いパンチ打ちますよ、画質の良いテレビで早く見たい気持ちは同じです
今里選手、かなり打たれてしまった選手、その後が気掛かりですね
わがまま親父
2012/07/16 21:35
小國選手の ボディへの攻撃が数多く入ってました。
芹江選手も粘り強かったのですが残念でした。
小國選手のパンチもタイミング良くパンチ力もあるので今後も期待したいです。

2012/07/23 06:49
舞台の上にリング、かなり見難いのでは無いのかな
ボクシングに見合った会場、有るようで無いな〜
でもほぼ満杯レベル、客は良く知ってますね
わがまま親父
2012/08/01 23:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
もう上がってる・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる