わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS えら〜い違いだな・・・

<<   作成日時 : 2012/04/06 21:34   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

先日も同じバンタム級のタイトル戦だったけど、その緊迫感、迫力、丸で段違い
初回から相変わらずに元気の良いダルチ、ドタバタした足ながらも相手を1発で倒せる威力を持ってる、攻めてくるときでのダルチは半端なく怖い、やや臆したかのように足を使う山中だが、2回からは同じ強い左で前進を止めようとする
得意の足も止めてしまう、両者の左が相打ち気味に交錯するとき、何とも言えないゾクゾク感が有った
やはり世界戦はこうでなくては・・・その気構えまで違って見えてしまうから不思議かな
4回には大胆にも左をクロスする山中、この1発でカットさせてしまう、かなりの出血でストップも有りと見えたが、其処は世界戦経験では豊富なるスタッフ陣営、キッチリ止血してしまうから流石だ
その後は山中が軽快に足を使い、右でストップ、更には左でダルチの前進を止めてしまう、11回の左は渾身のパンチだったと思う、明らかに効いて居るのだが・・・誘い込むようにして直ぐに強いパンチを返すダルチ
パンチも凄いけど、そのメンタル面でも凄い、何しろ諦める素振りが無い
この回でKOを諦めてしまったのか、最終回での山中、逃げとも取れる旋回をしてしまった、何やらダルチに言い訳させてしまいそうだな、このビッグネーム相手に我を忘れたら怖かったかも知れない、ビッグネームを倒すのは次の機会でいいのかもしれないな、欲を言ったらキリが無いですからね・・・

栗生も本日は好調、実に右のリードが良い、カウンターも冴えた、ダウン寸前なるシーンも度々だ、其れでも時折振るうターサクのパンチは不気味、前回の試合を払拭したと思う、次は内山戦にゴーと行きたいけどね
でもターサクはマルケス戦辺りがピークではないのかな、かなりロートル感が無いでもなかったですよ
しかしダルチにしてもターサクにしても、世界戦線で戦ってる選手は違う、何しろ諦めない、その神経の太い事太い事、効かせない限りは、こんな猛者は倒せないな、全く常軌を逸してる
しかし世界戦と言うのは、そんな常軌を逸してる面こそが本来ですよね、1発打たれたらガードブロックで下がりっぱなしでは試合は作れない、面白い試合なんて出来はしない
ピンチになりながらも、ほんの微かなる希望でも最大限のチャンスに変えてしまう、其れこそが人間であるべきボクサーの本髄ではないのかな
余計な事書いちゃったかな・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
テレビ観戦でしたが、今日1日中この3試合気になって落ち着きませんでした。ダルチのしぐさ1つ1つが緊迫感増してきてぞくぞくしました。粟生選手の相手のターサク選手もスピード 強打 タフネス兼ね備えた選手1位に恥じない選手でした、粟生選手の攻撃に心折れそうなラウンドもありましたが粘り判定勝負 粟生選手の完勝でした。長谷川選手もスペイン語圏王者にTKO勝利良かったですねこの3試合。春の世界戦ラッシュ見事にしめてくれましたね。見ごたえありました。

2012/04/06 22:07
この前のは「タイトルマッチもどき」なので比較してはいけません!山中とダルチ、WBC(正規世界タイトル認定団体)に失礼なのは勿論WBAも「ウチは世界タイトルっぽい遊びをやっただけ」と怒りますよ!
ねこ
2012/04/06 23:57
仕事がなかなか片付かず、山中vsダルチニアンから生観戦しました。山中、足とジャブでダルチニアンの圧力をよく止めましたね。大きなパンチは迫力ありますがちょっと小さい感じがしましたね。
粟生は前回とは段違いの内容でした、中盤から後半にかけて良いパンチを当て会場も湧きました。指名試合らしい、骨のある挑戦者でしたね。
しかし結果にはこだわりたい、KOの無い世界戦、やはりアピールに欠けてしまう、判定でも勝てば良い、確かに一理ある。でもダルチニアンさえ知らない一般の人には強烈なKOを見せなければ…
ポインター
2012/04/07 01:12
私は山中選手には他のボクサー以上に精神的な強さを感じています。何故かわかりませんが・・。
8Rの公開採点とその後の展開から判断すれば12Rは安全に逃げ切るといのも残念ですがアリかなって思います。
個人的な採点で114-114としたファンも居るようで、私も同じスコアでした。公開採点じゃなかったら最終も打ちに行ったでしょうね。
粟生選手はいい時と悪い時の差が大きくて分かりにくい選手ですが今回はよかったですね。試合も面白かったです。
K
2012/04/07 09:06
コメント遅れてスマン、体調崩してしまった
しかしダルチを呼んでも其れほどの視聴率は稼げなかった、かなり痛いな、良い試合だったんだけど、今後はゴールデンは厳しいかも、ただ山中選手の評価は急上昇
次は海外に成るかも、既に国内でのテレビ放送には期待しないほうが良いのかも知れない
わがまま親父
2012/04/10 22:53
なるほど、なるほど納得しますね、しかしあの内容でも14%も取れる、何故でしょうね、結構深刻なる問題と思いますよ
挑戦者は良く頑張ってましたね
わがまま親父
2012/04/10 23:00
最終回でのサークルに対しては賛否両論だと思うが
次に繋げる為のステップと思えば悪くは無い、海外サイトを覗いても、今回での山中勝利の反響は大きい
ただ個人的にはもう少々我を忘れて欲しかった、過去に名勝負とされた試合は総て我を忘れた試合ですので
ちょっとクール過ぎる気もしましたね
わがまま親父
2012/04/10 23:06
ダルチと言うビッグネームを相手に終始我を忘れない
山中選手の最大の武器でも有るけど、最大なる欠点にも見えてしまう、今は勝ち続けるだけではアピール出来ないだけに今後は厳しく感じますね、しかし同じクラスでモレノも評価されてる訳ですから、やはり期待してしまいます、次の試合は大事です、しかし内山選手の相手が決まりませんね
わがまま親父
2012/04/10 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
えら〜い違いだな・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる