わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS あのボンサクが・・・

<<   作成日時 : 2012/03/03 01:38   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

よもやの大敗、選手はそろそろと感じると意外や意外の負け方をしてしまう、海外サイトでも慌てて記事にしてる
http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?from=&to=ja&a=http%3A%2F%2Fwww.boxingscene.com%2Fjaro-knocks-pongsaklek-wonjongkam-out-wbc-belt--50189
そりゃそうだろう、挑戦者であるハロはセグラに初回KO負けしてる選手、噛ませハンターの異名を取るボンサクには御馳走さん、の試合だった筈・・・早速画がアップされてる、記事より画の方が早い印象だ

この画の編集の仕方では良く分からないので、ジョーさんのメールから
WBCフライ級タイトルマッチ

挑戦者 ソニー・ボーイ・ハロ(比国)
KO6回
王者 ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)

初回、ポンサク、ダウン。
4回、またダウン。
6回、KO。

ハロは日本で向井(六島)に惜敗したが、ハードパンチャー。
戦績は、34勝24KO10敗5分け。
番狂わせ!

随分コロコロ倒されたものだ、其れも海外選手が勝てないで有名なる地元タイ開催でだ・・・
ソーサの試合で派手に勝利を喜ぶボンサクの姿が有った、選手としての到達感は頂点だったと思う、そんな安定チャンプとしてみせる残酷なまでの落城劇、正に劇的と思う
その実力は誰しも認めるボンサクながらも、挑戦者選びに関しては少々ではなく弱いモノ虐めにも見えた、指名期限は其れなりに守ってはいたが、防衛戦として認めたくない試合も多く、何故に王道を歩まないのか?
理解に苦しむ面も有った、そんなボンサクが噛ませのハロにハントされてしまう
世の中、巧く出来てる気もしてしまう、果たしてボンサクの最後の試合に成るかは分かりはしないが、選択肢は二つと思う、ハロと再戦で返り咲き、無敗での引退か?それともこのまま引退か?
しかし完全に効いてしまった倒れ方、ダメ押しで仕留められてる、福地さんはストップ遅いな〜
実力者であるボンサクにとって、この負けは痛い、そのキャリアに目一杯傷を付けてしまった
後に語られるタイ歴代チャンプとして大いに減点の対称に成るだろうな・・・
帝拳には大歓迎の記事ながらも、新チャンプのハロ、五十嵐選手には苦手のタイプと見るけど・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
王者時代のポンサクに勝った選手 内藤選手だけだったという記録が破れました。残念です。咬ませハンターらしく王者のまま引退してほしかったのに。五十嵐選手の挑戦どうなるのでしょうか。

2012/03/03 07:24
ハロ争奪戦は激しくなりそう、向井選手も名乗り上げるでしょう、しかし伏兵に負けてしまった安定チャンプの姿は悲しい、具志堅さんを思い出してしまいましたよ
これほど酷いボンサクを見るとはね、膝が立ちっぱなしではないですか、あの姿勢で打つパンチでは相手をストップ出来ないですよね、調整不足なら良いんですけど 
わがまま親父
2012/03/03 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
あのボンサクが・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる