わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 来週からは世界戦ラッシュ・・・

<<   作成日時 : 2012/03/22 02:13   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

先ずは協栄ジムの佐藤選手がスリヤンに挑みます、その後南アフリカでの高山選手と続き、更には亀田選手と清水選手とのカップリング、長谷川選手の再起戦と共に山中選手とダルチ、いやはや忙しい毎日に成りそう
何とか昼間の勤務の連日ですのでテレビですけどリアルタイムで見られそう・・・
職場での変なクレイムは相変わらず、ボクシングの世界戦が有る時では少しは大人しくしていて貰いたいのだが、そんな事はお構い無しなのがクレイムと言うもの、分かっちゃいるんだけど、何とも解せない人の心の中身
理解不明には頭が痛い!言葉が通じない客が本当に増えてきた、そんなサービスは無いのですよと語っても、今度は上司を呼べと言う、上司を呼んだ所で更に話は大きくなるばかり、仕方ないから此方が引くしかない、何時でもこんな感じでゴネ得されてしまう・・・規定通りなのにクレイム扱い、サービスを増やすのは考えモンです
一応は私もボクシング界に取っては客でも有るのだが、ゴネ得なんかした試が無い、それどころか何時でも不平不満を語りながらもジッと我慢、我慢、当日売りのリングサイドを大枚1万も払い、前から15列目だったことも何度も有る
ファン有ってのボクシング界、そんな言葉は有って無い様なモノ
名誉チャンピオンと煽っても、9月にドネア戦が決定すると飾っても、所詮、日本での報道に過ぎない
海外サイトの何処を見渡しても、そんな記事は出てない、7月に試合が決定してるのに、9月と言うのは何の根拠からだろうか?
どの様に捕えても現実味は薄いだろう、其れでも「もしかしたら・・・」と言う馬鹿げた期待をしてるのがボクシングマニアでも有る、そしてその中の一人が自分である、微かなる希望にも、過大にまで期待してしまってる
ヤッパリ決めて欲しいのだ、西岡選手が語った言葉「チャンピオンですから誰とも戦います」そんな言葉に痺れてる
ドネア戦を最後の試合とするのは日本人ならば誰しも分かる浪花節だ、でも相手は外国人、そんな言葉が通じるのかな?
なにやらモヤモヤ感は取れそうに無い、先ずは佐藤選手に払拭させて貰うしかないのかな、あの一家では期待できそうに無いしな・・・
本日は疲れもあり、名誉チャンプの定義同様で支離滅裂です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
粟生選手の世界戦 最も期待してます。初のタイのボクサーとの対戦 面白く興味あります。長谷川選手の相手
スペイン語圏王者も興味あります。ダルチと山中選手は
山中選手のさらなる覚醒で大化けしてくれたら・・・です。

2012/03/22 06:43
話題にはなっていますね
http://www.examiner.com/filipino-sports-in-national/toshiaki-nishioka-it-s-donaire-or-retirement
LEE
2012/03/22 12:11
先ほどタイ選手の画を見ました、ガンガン来るタイプですね、栗生得意のカウンターが取れるか取れないか?
そんな展開に成りそう
山中選手は厳しそうだけど、頑張ってほしいですね
わがまま親父
2012/03/25 22:38
引退と引き換えでのドネア戦熱望、日本人にはわかるし理解もされる気持ちだろうけど、対外人に通じるのかな?そんな感覚ですよ
わがまま親父
2012/03/25 22:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
来週からは世界戦ラッシュ・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる