わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 流石に大手さん、豪華なカードを提供してくれる

<<   作成日時 : 2012/01/30 23:33   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

しかし凄いカードです

4月6日(金) 17時開始
東京国際フォーラム ホールA (@有楽町)

WBC Sフェザー級タイトルマッチ
王者 粟生 隆寛(帝拳)
12R
1位 ターサク・ジャンデーン(タイ)

WBCバンタム級タイトルマッチ
王者 山中 慎介(帝拳)
12R
元統一王者 ビック・ダルチニャン(豪州)

世界タイトル前哨戦
長谷川 穂積(真正)
10R
フェリペ・カルロス・フェリクス(メキシコ)

ダルチを日本で見ることが出来るとは・・・日本もイヨイヨメジャーですかね
それにしても銀座でボクシングとは・・・古い昔の話、銀座ホールと言う会場が有ったそうです、昭和のボクシングブームの時代の頃、当然な事ですが私も知りません、見たことも有りません
いったい何年振りでしょうか?
新たなる会場での世界戦、これ以上に無く興味をそそるのだけど、腰の調子は相変わらずイマイチ、懐具合もイマイチ
テレビに期待するしかないのかな・・・
このカードで後日のCS放送は無いとは思うのだけど
山中選手も栗生選手も苦しい戦いの予感です、個人的には長谷川選手の再起戦が興味かな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
流石帝拳です、良いカードです。が会場が東京国際フォーラムとは。どうなんですかね。生観戦、考慮中です。
長谷川、去年12月の再起戦の相手ですが、この試合の記者会見で発言した「負けない自信」とは一体どう解釈すれば良いのでしょう?普通なら「勝つ自信」と言うべきでは?
長谷川、本当に戦う準備が出来ているのでしょうかね。この再起戦、勝つとは思いますが、その後が気がかりです。
ポインター
2012/02/01 12:34
気持ちの乗らなくなってしまった選手は別人です
長谷川選手は危ないと思ってます、そしてダルチですけど大変なる強敵です、あの棒立ちスタイル、押し込まれたら一気に遣られるでしょうね、確かにダルチはバンダムに上げてから勢いは失せはしましたが、相手がそれ以上に強かですよ、ダルチには山中選手は遣りやすい相手に見えます
わがまま親父
2012/02/03 00:01
同感です。
ジョニーゴンザレスの右が長谷川から全てを奪ってしまった。長谷川完全復活は無いでしょうね。やはりジムの経営面からの再起でしょうか?

山中、私には穴だらけのボクサーに見えます。頭の位置を高く低く迫ってくるダルチニアンにまずしっかりリードで距離を測定できるか?どこにリードを叩き込むか?これが問題です。左ストレートは距離を潰されたら打てませんよ、それが分からないダルチニアンでは無いはず。

ポインター
2012/02/03 12:29
ダルチは怖い相手です、山中選手には最大の試練になるでしょう、この試合に勝ちを収めれば確実に次が見えてきますが、最悪のパターンも充分ありえます、同じ日の栗生にも言えますね
長谷川選手には個人的にもっと頑張って貰いたいのです
この感情は抑えられませんね
わがまま親父
2012/02/03 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
流石に大手さん、豪華なカードを提供してくれる わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる