わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS こんなのアリ!

<<   作成日時 : 2012/01/21 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

この二日間の寒さには参った、昨日は雪でしたから仕方無いが、本日はそれ以上に寒い、明日も続くのだけど、体の芯まで冷えてしまった、参った続きだけど、昨日はパソコンまで接続出来ない始末だ、やっと繋がるや、日曜だとばかり思っていたラモスVSリコンドーの統一戦、本日ではないですか・・・
早速アップされてる、そしてその内容にも参った、こんなのアリですか?



以前見た画で両手が飛び出すようなコンビには驚きを感じはした、さすがに元五輪の金メダリストの印象は有った
しかし所詮8戦しかしてない選手だ、それに左オンリーの攻撃スタイル、ラウンドが長く成ればなるほどにボロを出す選手にも見えたのだが、ラモスが何も出来ない、ガードを固めるだけ・・・
下田戦では動きの有る選手だったが、その動きも封じられ、蛇に睨まれた蛙状態だ
昔の強い選手等は先に先に強いパンチを当てようとする、リコンドーは正にそんな動き、其れで居ながらも変なフェイントは無い、省エネスタイルで相手の動きを封じ左、左を突いて行く、頭のてっぺんからつま先までボクシングが染みこんでる様にも見えてしまう、此処まで来ると達人の領域だな、ラモスが此れほどまでに何も出来ないとは・・・
確かにボクシングは対戦相手ありきだ、強くも見えてしまうし弱くも見えてしまうけど、こんなに差が有るとはね
古い昔の事を思い出してしまう、自分が始めて8回戦の元選手とスパーしたときの事を
目は腫れぼったく、耳はカリフラワー、そのキャリアの名残を目一杯顔面で語ってくれてる元選手、この程度の相手、幾ら技量が上でも体力とスピードで優ってみせると思った
しかしボクシングは甘くは無い、自分の繰り出すパンチは総て見透かされ、先の先まで読まれてるようだ、下がっても相手の圧力を感じ、前に出てパンチを繰り出しても当たる気がしない、打ち込むたびに強烈なる返礼が待ってる気がした、実際そんな展開だったけど・・・
こんな思いをしてしまった初黒星のラモス選手、巻き返しは大変だろうな〜
さてリコンドー、次の試合はサーシャと言う噂もあるようだが、その他にドネアと言う噂もあるようだ、西岡選手には大変な強敵が現れたものだ、元々東洋人対決には難色を見せる御国柄のアメリカ、対黒人選手となると何故か好みの様でもある、一気にドネア戦に成るやも、あのムガビがハグラー戦に至ったように・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この試合、注目してましたよ。ラモス、予想通り何も出来ずリゴンドーの生贄になりましたね。ラモスはこんなもんだと思ってました。
しかしリゴンドー、フィニッシュの左連打、特にトドメのボディ一発、凄まじいパンチでしたね。これでは下田、S.バンタム級はもう無理でしょうし、西岡vsドネアも…
ドネアでさえ、リゴンドーにはかなわないのでは?
S.バンタム&フェザー級、世界の壁は相当に分厚く感じます、もはや下田、長谷川では勝てる気がしない、やはりこのクラス、世界は凄いな、と感じてしまいます。
ポインター
2012/01/22 00:47
強い=人気には繋がりませんからね、今後のマッチメーキングは苦しみそうです、日本でも実力が有りながらも不人気のサーシャとの対戦が最も現実味が有るかも
両選手の共通点、自らの距離をジックリ待つ、塩試合の予感も有ります、攻めては左だけながらも詰められるリコンドー有利でしょうが、出来ればドネア戦が見たいですね〜
わがまま親父
2012/01/24 23:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんなのアリ! わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる