わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS こんな画が有るんですね〜

<<   作成日時 : 2012/01/13 01:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

前年に小熊さんをKOしてしまった触沢選手の次の試合、小熊さんの試合でも正に神憑り的な勝利だった
日本選手同士の一戦の中でも最大級レベルの番狂わせと今でも思ってる、そんな選手の次戦、殆どの場合は尻すぼみの内容に成るモノだが、この試合ばかりは違った


確かに現代のレベルならば突っ込み所満載なのだろうが、比較的平凡なる日本中堅ランカーだった触沢
この変貌振りには驚くしかない、序盤の劣勢を5回のワンチャンスで逆転、次の回で見せる鬼気迫るラッシュ
今見ても熱くなってしまう・・・
元々左フックには軽量級離れした威力を持つ選手だったが、所属するジムの力が無く、日本タイトルにも挑戦の機会が無かった、試合枯れもしばしばで、当時日本選手ではなかなか勝てない地と言われた韓国にも再三遠征してる
地元判定的なる負けも多かったと聞く
そんな選手としての苦渋を飲まされながら、この狂い咲きレベルの世界ランカー2連戦で、一気に鬱憤を晴らすかのような快進撃を見せてしまう、ボクシングは相変わらず分からない
そして技術レベルでは計れないモノが有ると感じてしまう
稀にこんな選手が出てくるのですよね、負け越しの日本チャンプは殆ど、こんな例ではないでしょうか?
触沢さん、確か定年に成ったと思うけど、元気にしてるでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
この試合の画像が見れるなんて思っても見ませんでした。有難うございました。エキサイトボクシングは関東のみの放送のため、この試合はボクシングマガジンの記事で見ただけでした。確か当日のメインは高田次郎の東洋戦だったはずですが、「こちらの試合を楽しみに来た観客も多かった」との記載があった記憶あります。これまで触沢選手の試合を観たのはカント、エスパダスとの世界戦のみだったので、それほどいい印象は残ってなかったのですが、この試合を観て印象が変わりました。また「この試合があるのだったら小熊戦も残ってるかな...」と探してみたら。あるもんですね。これも全部観てしまいました。重ねてありがとうございました。
delahoyazamora
2012/01/14 12:27
しっかし小熊戦の画像は悪いですね〜
中田三喜男戦を生観戦してます、なまじ分の良いドローを演じてしまっただけに、その後のマッチメーキングに苦しんだ選手です
指名戦も無かったころの中堅ランカー、せめて日本タイトルには挑戦させたかった、これほどの実力が有りながらも結局は無冠の選手なんですよね
今では閉鎖されてしまった東洋ジム、懐かしいです
わがまま親父
2012/01/14 23:59
コメントありがとうございました。地方出身の私にとっては、中田選手も「活字でしか知らない」選手の一人で、これまでまだ画像を見つけられないでいます。東洋ジムといえば、天龍数典選手もいましたね。過去にリオス、友利、達磨、中島戦を捜して見つけられずにいましたが、触沢選手関連映像でようやく久々に「小さな巨人」の試合を観ることが出来ました。併せてありがとうございました。
delahoyazamora
2012/01/15 09:38
ビルの屋上に有ったジムと思いましたが、酷いオンボロジムでしてね、と言って、その当時のジムは殆どオンボロでしたけど
天竜さんを始めて見たときでは、その低身長に驚きました、しかし練習見ますと、凄い踏み込みなんですよ
脹脛の辺りの筋力が半端では無かったです、あの踏み込みは真似出来ないですよ
わがまま親父
2012/01/15 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんな画が有るんですね〜 わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる