わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 本日も黄金伝説を見る・・・

<<   作成日時 : 2011/12/23 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は無茶苦茶疲れる勤務だった、チョットばかりの施策変更のお陰で清算することが出来ず、なかなか帰宅できない、遣り方を知ってる方が極少数と言うのは如何なモノだろうか?
こんなID化こそ無駄ではないだろうか?何時でも混乱の渦に巻き込まれるのは末端社員でしかない事実、雇われているのだから当然と見るのか、無駄な施策で社員の肉体を蝕んでいると言うのか、何やら迷走してるようにしか感じない、業務のスリム化、叫ばれて久しいけれど、スリム化どころか増える一方と言うのは丸で解せない・・・
お陰で帰宅したのは本日の朝方だ、結局締める事はできないは、そのID化を理解してる社員も居ない事に気付いてしまう、どちらにしても悪循環だな

さてやっと本日になり、録画しておいた黄金伝説を見る、昨今では世界戦は当たり前、数ばかり増えてしまった感覚も無いではない、毎月の様に世界戦というのも、やや飽食気味でも有る、この頃の世界戦は年に数えるほどでしかなく、それだけ希少価値の高かった頃、正にお祭り騒ぎと言って良い、そして希少価値に相当の内容でもあった気がしてしまう、確かに現代よりは確実にレベルと技量には差が有るとしてもだ
関VSウィストン戦を始めて見た、ペースを把握し始めた中盤での唐突なるストップ、先にカットしたのはウィストンなのに・・・
何とも残酷で無慈悲なる勝負の世界、更にはなんとしてでも自国選手を勝たせようとするナショナリズム、不穏なる匂いが目一杯ながらも、そんな時代だったんだなと言う気分に浸る・・・
全く不運の選手だった関さん、だけど、そんな不運がその後に語られる所以なのだろう、今の時代なら、何処かの団体で確実に世界チャンピオンと言う称号を得ただろう、チャンピオンに成らなかったからこそ語られる選手も居る・・・
そんな馬鹿な事を考えてしまうのだ
この番組を見て痛切に感じること、この12月に成っても世界戦ラッシュが続く日本、大晦日までに及んでいる
個人的には大晦日よりは正月にして欲しい気分が一杯だけど、今の世界戦で、この頃に匹敵する世界戦、いったいどれ程有るのだろうか?
殆ど皆無と感じてしまうのだが、この選手を来日させたのは私には嬉しい誤算と思う
http://www.notifight.com/artman2/publish/Reporte_7/Pelench_n_lleg_confiado_a_Jap_n.php
長身でありながらもバランスが良い選手、この選手を攻略するのは至難、細野選手には頑張ってほしいのだけど・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
くどい。
くどう
2011/12/23 00:58
F原田の試合は、今見ると退屈ですね。
ジョフレの動きも悪いし、今とは比べものにならないレベルの低さ。
ジェーソン
2011/12/23 09:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
本日も黄金伝説を見る・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる