わがまま親父の日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 実に単純に嬉しいのだが・・・

<<   作成日時 : 2011/12/12 01:07   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

本日の海外での興行、番狂わせが多い、あのカーンがまさかの落城、更には盛りは既に過ぎてしまった感が一杯のビロリアがセグラを下した、そして極めつけの記事、此れには驚いた・・・
http://www.notifight.com/artman2/publish/Resultado_2/Armando_Torres_destrona_a_Samy_Guty.php
去年の芹江選手とのタイトル戦は惜しかったが、既に30越えの選手、キャリアも長い、そんな選手が敵地で世界1位、栗生選手の指名挑戦者候補をKOしてしまう、此れで何のわだかまりも無く、栗生選手はイタリアンと再戦できるのだけど・・・しかし2階級上の世界1位が日本の伏兵に敗れてしまう、何やら少々不穏なる感覚でも有る
試合の詳細は分からない、色々くぐってみたが、やや劣勢の立ち上がりから、その3回の終盤に右を決めてロープに吹き飛ばすかのようなダウンを奪う、続く4回に3度のダウンを奪い自動的にストップ勝利
う〜ん、画でも有れば分かりやすいのだが、この画が果たして海外配信にアップされるか?
このカードだけどユースのタイトルが賭けられていた様です、しかし玉越選手は既に30、確かユースタイトルは23歳までのタイトルと思いましたが、国内ではタイトルに無縁だった選手が海外で一気にタイトルを奪ってしまう、ボクシングは相変わらずに分からんモンです、先ずは返上になるとは思うけど・・・
しかし主要4団体になってから、どうも指名挑戦者の立場が微妙だ、このハルドンにしても戦歴は良いけれど、その程度が実に気になるのだ、早速調べると画は簡単に見付かる、やはり期待のホープなのだろう

世界1位にしては振りに行ってるのが気になるが、右のガードはシッカリしてる、カウンターも何時でも打てそうだ
隙もそれほど無さそうなのだが、やはりメキシコでは好戦的でないと直ぐにブーイングされてしまう、自ら振りに行って墓穴を掘ってしまったか?
この所続く暗い記事の連発、やはり此処は玉越選手の快挙を祝いたい、同じく世界1位に勝利した久高選手を思い出すけど、選手層の厚さからして、やはり玉越選手は完全なる快挙だな、今後フェザーで行くのか、ジュニアライトにするのか、国内の選手層も高いクラスだけに注目ですね・・・
画像

画像

日本選手等の海外での快挙、やはり何度有っても嬉しいな〜
余談だけど、ボクレコ見てたら、来年の1月に石田選手がウィリアムスと対戦するとか、又もや流れるかも知れないけれど、海外で戦う日本選手は我々マニアの励みだな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ダンテ・ハルドン、以前から動画で見ていましたが、玉越選手、やりましたね。凄いですよ、これは!
ダンテ・ハルドン、勢いに乗せたらどんどん前に出る印象があります。粟生なんぞ、嬲り殺されるのがオチ、と思ってましたが、敵地でハルドンを倒した玉越選手、大したモノです。
粟生には心おきなくイタリア選手と再戦すればいいと思いますが。
ま、こんな再戦どうでもいいんですけどね。
玉越選手の今後が楽しみです!
ポインター
2011/12/12 19:55
なるほど、なるほど、要はハルドンの実力試しの為の玉越選手の参戦と言う事ですね、大手にとっては願ったり適ったりです、良くも、あのイタリアンとの再戦を画策したもんだと思ってましたが、大手も、あの一家と同じ事してるようでは世も末だ、果たして玉越選手、何処のクラスで戦うのかな・・・
わがまま親父
2011/12/13 01:52
意図的に粟生が防衛に成功するようマッチメークしていると決めつけてるようですけど、

ボスキエロは前チャンピオンのタイベルト陣営とのオプション契約により、挑戦者に選ばれた選手ですよ。(ソースはボクシングビート10月号の記事)

過去の記事を読ませて頂くと「明らかにランキングが操作された」とまで言っておられますよね?

これは余りにひどくないですか、誹謗中傷も良いところですよ。
IMP
2011/12/15 19:57
期待の裏返しとは感じませんか?
でもイタリアンとの再戦、面白い試合に成らない気がしますね
わがまま親父
2011/12/16 01:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
実に単純に嬉しいのだが・・・ わがまま親父の日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる